MR.デスティニー

MR. DESTINY

110
MR.デスティニー
4.2

/ 34

53%
26%
12%
9%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(19件)


  • 一人旅

    5.0

    『素晴らしき哉、人生!』の系譜

    ジェームズ・オア監督作。 故ジョン・ベルーシの弟:ジェームズ・ベルーシが主演を務めたファンタジーコメディの隠れた名作で、日本では未DVD化ですが、有料配信で視聴することができます。 20年前の高校野球州大会決勝戦で空振り三振してチームを敗北させてしまったことを引きずり続けている平凡なサラリーマンの主人公:ラリーが、不運続きな35歳の誕生日に寄った見知らぬバーでバーテンダーから提供された特製カクテルを口にしたところ、主人公の人生が20年前のあの試合で逆転ホームランを放ったパターンの“別の人生”に変化していて―というファンタジーコメディとなっています。 今の人生に不満を抱いていた主人公が自分が望んでいた別の人生を体験するという不思議な感覚のコメディです。家族も自宅も職場での地位もそれまでとは全く異なる人生に始めは戸惑いつつも徐々に順応していく主人公ですが、全てが理想通りに見えた別の人生にある意外な落とし穴に気づいていきます。元の人生で妻だった女性が別の男性と結婚していたり、幼少期からの無二の親友が傍にいなかったり…と失って初めて気づく“大切な存在”への思いが主人公の胸の内で溢れんばかりに膨らんでいきます。 キャプラの古典『素晴らしき哉、人生!』(46)をはじめ、『クリスマス・キャロル』(70)、『3人のゴースト』(88)、『恋はデジャ・ブ』(93)、『愛が微笑む時』(93)、『天使のくれた時間』(00)、『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』(13)のように、ユニークなシチュエーションのファンタジーの中に“人生&愛の確かな本質”をユーモラス&ハートフルに浮かび上がらせた90年代ファンタジーコメディの名篇で、主演のジェームズ・ベルーシが平凡な人生をやがて肯定していく主人公を好演していますし、ヒロイン役のリンダ・ハミルトン、準ヒロイン役のレネ・ルッソ、狂言回し的なバーテンダー役のマイケル・ケインら脇を固める豪華俳優陣の競演も見所となっています。

  • iro********

    5.0

    DVD化 熱望

    大好きな映画です。特に男性に人気なのかも(笑)

  • sky********

    5.0

    アメリカン ドリーム?

    古き良き?時代の、夢ある映画だ。 早く⁇、BD.DVDの、販売を️

  • red********

    5.0

    隠れた傑作

    人生の分岐点であの時こういう結果だったなら、違う人生になったのだろうと皆が一度は考えたことの有るだろう違う人生をおくってみたらの映画です。 この主人公の場合は高校時代の野球の試合で自分の三振で負けてしまった場面でもし打ててたらと今度はHRを打ったことにより大きく人生が変わって成功者の人生ですね。 まさに名作の「素晴らしき哉、人生」をベースにしたほんとに大切なものは何なのかを気づかせてくれる映画です。 残念なのは、未だにこの作品は日本でDVD化されていないため、気軽にレンタル出来ないので観る機会が限定されている隠れた傑作になっている点です。 自分は映画専門チャンネルで放送されてたのを録画して保存してあるのでみれますが、もしTV等で放送している機会があれば観ていただきたい作品です。 また、できれば、TSUTAYAさんでDVD復刻良品してもらって多くの人に観てもらいたい作品ですね。

  • あるなど

    5.0

    DVD化希望

    ありふれた日常も大切にしたい、そんな映画です。 この作品でOnly youが大好きな曲になりました。 それにしても、なんでDVDが出てないの?

  • hir********

    4.0

    平凡な人生こそ真の人生

     人間誰しも過去に失敗経験や間違った選択をした経験があり、「あの時ああすればもっといい人生だったのかもしれない」と思うこともある。  主人公の男もその一人であり、彼は魔法のカクテルを飲むことで、権力とお金、きれいな妻を手にする新しい人生を経験する。最初は喜んで生活していたが、次第にしっくりこないものを感じるようになる。そして前の人生の方がよかったと思うようになり、もう一度カクテルを飲んで元の人生に戻るのである。  過去の失敗には意味があり、それがあって今の自分がいる。一見平凡に見える人生もそれでOK、パーフェクトなんだと思わせてくれる作品だ。

  • jag********

    5.0

    ネタバレ何言ってんだよ、あのじーさん…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • umdusk

    5.0

    人生を後悔するヒマがあれば前向きに。

    主人公が持つ不満。 それは誰もが一度は考えたことのある、「あのとき、こうしておけば人生は変わっていたかもしれない。」というもの。 この映画は、こんな不満が愚かであることを教えてくれ、前向きな気持ちにさせてくれる。

  • cor********

    4.0

    完璧な人生はない

    「もしもあの時違った選択をして違った人生を送っていたら・・・」 一見単純ですが実はとてつもなく奥深い人間にとって永久のテーマを描いている作品です。 作品自体はコメディで笑える個所も多いですがしっかりメッセージも伝えている良い作品です。 「ターミネーター」シリーズで戦う女を演じたリンダ・ハミルトンが今作では普通の主婦を演じているのも注目です。 あまりメジャーな作品ではないですが是非多くの人に見てほしいです。

  • blu********

    4.0

    人生やり直し物の元祖的ファンタジック映画

    昔、劇場で観ました。最近廃盤ビデオを見つけて再度鑑賞しました。現在この映画の巷での印象は薄い感じではありあすが公開時は何週か全米興行収入のベスト10に入ってました。この作品の後に公開された人生やり直し映画同様、天使または或る人物が過去に戻らせてくれるといった元祖的なストーリーです。それにコメディの要素を持っている当時多数の主演映画に出演のJ・ベルーシが可笑しくまた人間的に主役を演じ、ベテランオスカー俳優のM・ケインがストーリーテラー役で脇を演じています。またレネ・ルッソも流石元モデルだけに美しい人妻?役で出演。過去を振り返って人生最大の失敗をやり直したらっと誰もが思う物語ですがなかなか上手くはいかないという様を観客に見せてくれます。故に今の暮らしも考えようには悪くはない事を教えてくれる映画です。

  • mac********

    5.0

    同感!

    なぜこんな素敵な映画がDVDにならないのでしょうか。 ホントにファンタジーたっぷりで笑い有り、涙有りの凄く名作だと思います。

  • hir********

    5.0

    ホームラン人生?それとも三振人生?

    人間、誰しも失敗は有る。 ただ、それを引きずって一生後悔するのと、それを「糧」にして強く生きるのと、 そこで、人間の人生は大分、違って来る筈だ。後悔なんて死んでからすりゃいいんだ! 例えば、この映画「MR、デスティニー」。 主人公のジム・ベルーシは、35歳の誕生日の日に会社をクビになり、 家に帰る途中で、車もエンコしてしまう、家の改築費用はかさむ一方だし、 何から何まで、「八方ふさがり」・・・目の前にあったバーで、電話を借りて、 レッカーを呼ぶ、そして、バーテンに一杯たのみ、自分の人生を愚痴りだす。 このバーテンが、なんとマイケル・ケイン!! 「1970年の高校野球で、三振したラリーだろ?」 ズバリ、主人公に言い当てます。 そう、実はこの映画の主人公ラリーは、高校時代、決勝戦で「三振」してしまい、 「最後のバッター」となった「傷」を抱えて生きて来た「ワケあり」の男だったんです。 ラリーは言う 「俺は負け犬なんだ・・・三振してからずっと・・・同じ失敗の繰り返しだ・・・」 そこで、バーテンが、こう言う。 「つまり、こうなったのには、しかるべき理由が在るという事ですな・・・」 そう言って、ラリーに一杯の、カクテルを差し出す・・・ 過去を変えられるカクテル・・・「スピリット・ミルク」・・・・ 三振人生と、ホームラン人生。 リンダ・ハミルトンか?レネ・ルッソか? 両方の人生を、体験した主人公が、何を悟ったか? ラストは、再び15歳の時に戻ります。 ここで、この映画最大の「感動」が在った後、かかる曲が、「only you」です。 「たったひとりのあなた」です。 要するに「素晴らしき哉、人生」の変形バージョンですが、 マイケル・ケインという、低予算作品になると120%の「力」を出す この名優の「味わい」の御蔭で、何ともいえない「いい映画」になりました。 マイケル・ケイン・ファンの方は、一度ご覧ください。 絶対、泣かされますよ!

  • まぁちゃん

    5.0

    ミスターデスティニー

    こんな面白い映画をなぜdvd化しないのだ!!

  • tom********

    4.0

    なかなか考えさせられるテーマ

    人生のどん底にいる主人公があの時ああしていたら俺の人生どうなっていたんだろう的な願望を実現した世界を描く。謎の人物にその世界へ無茶振りされてしまうわけだけど、なんとかうまく周りに順応していく主人公を見て、そんなに要領が良いのなら、もっと良い人生になったんじゃないかなあと突っ込みたくなった。まあどうでもいいけど。 テーマ自体はなかなか考えさせられるものだけど、演出や脚本が軽快で単純にコメディとして楽しめた。面白いですよ。

  • 映画は芸術

    5.0

    ネタバレとんでもない、ラスト!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    もし、あの時、なんて誰にもある

    主人公はその日、誕生日だがみんなに忘れられ、仕事ではルール違反がバレてクビになる。 思い出すのは高校三年の時の野球の試合、地区決勝の最終回、ここ一番で三振してチームは敗北、これ以来人生がダメなような気がしていた。 もし、あのとき逆転サヨナラ2ランホームランを打っていたら、となる。 ディズニーなのでキチンと教訓を残して終わる。 女性陣はリンダ・ハミルトン(ターミネーター)とレネ・ルッソ(リーサル・ウエポン)、そしてコートニー・コックス(スクリーム)。

  • ssq********

    5.0

    ネタバレ今の人生、他ならぬ自分が選んだ道!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • leg********

    4.0

    もう一度人生をやり直したい?

    この作品は私の大好きな「素晴らしき哉、人生!」の現代版ですね。ジェームス・ベルーシが演じる主人公は、学生時代に打てなかったホームランを未だに悔いて生きている。「あの時、ホームランを打っていたら勝ち組だった!」と自分の失敗はそのせいだと思っているのだ。何をやっても失敗が続くと色々なモノを考えますよね、過去が悪いのか・自分が悪いのか?あの時に…って、戻っちゃったね(笑)さて、どうだろう?楽しい事もあるみたいだね。でも皆知ってるはずだもんね、自分が変わらないと人生も変らない事を。思いつくのには良いだろうけど、過去に戻ると失う事も多いからね。天使(?)役のマイケル・ケインさんが「過去に戻るカクテル」を作って「さぁ、飲むのは君の自由だよ」って言われて飲みますか? この作品からも、何かを得て欲しいかも。映画は「人生のお試し品」のようにも見えるよ♪

  • lamily

    5.0

    ネタバレNo.1 Movie!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中