ミスタア・ロバーツ

MISTER ROBERTS

123
ミスタア・ロバーツ
3.5

/ 39

13%
49%
21%
8%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(12件)

笑える17.1%コミカル17.1%楽しい14.6%かっこいい12.2%切ない12.2%

  • ジュディー

    1.0

    西落合1-18-18 更生施設けやき荘

    東京都西落合にある更生施設けやき荘という生活保護受給者が入居する施設には「中田」という三十代の男が勤めていてこの人物の悪辣さは度を越えており (自分は事情があり、数か月入居したのだがそこでの待遇があまりにも悪かったのでこうやってネットで告発する事にした) 入居者の女性を馬乗りになり殴りつけ 「この被害をてめーが訴えたとしてもこっちが「いゃー、病人ってのは怖いねぇ、事実と異なる事をさも事実であるかのように吹聴して・・・」と言えば誰もてめーの 発言を信用しない」このような事を声を荒げて口にした後再びその発達障害と思われる女性の横面をはたき 「殺したって こっちは罪に問われない・・・うまく「病人ですからねぇ・・・暴れて押さえつけたら・・・」と言えば誰もこっちの発言を疑わない」 そう言うと固く拳を握りしめて発達障害の女性を殴りつけた。 更に「鬱病患者」ってのは、怖いねぇ「自殺しないんだから」その神経たるや・・・自分だったら 「精神科の敷居を跨いだら」自殺しますよ・・・どういう神経しているんだろう・・・あ、だから 「おかしい」のか・・・「鬱病患者」なんててめーでは「まとも」と思い込んでいるんだろうね・・・こっちからすれば重度と一緒「ガチキチって自覚もない連中」 「こちらからすれば「発達障害」の連中なんて「本物の狂人」社会に出てくるなよって感じ・・・ま、「この事実を自覚していたらまともだわな」健常者って立場の高い者と 同じ空気を吸えるんだからありがたいと思えや」 「就労移行事業所だって・・・笑わせるなよ「発達障害の連中の就労を支援」するだと・・・こいつら人間じゃーねーじゃねーか、そんな支援するから「ガチキチが付けあがる」「ガチキチを付けあがらせようってんだから「就労移行事業所」に勤めている人間なんて「真の犯罪者」 このような罵詈雑言を常に入居者に対して口にしている。 又、この「更生施設けやき荘」を統括している「社会福祉法人 特別区人事・ 厚生事務組合社会福祉事業団」には「市川雅樹」という三十代の男の職員が勤務しており事あるごとに「けやき荘の入居者」に対して「生きている事自体が恥って自覚がないところが惨め」 「こいつらを「人」と思う人間が居たらそれこそ」「人間じゃあない」 「こんなところに入居している「人間ではない肉の塊」の相手をしている身にもなってみろや」 このような暴言を口にしている(入居者に対して) 当時困窮状態でスマホも所有しておらず、映像証拠も音声もないですが事実です。 西落合更生施設けやき荘の電話番号03-3953-8551 社会福祉法人 特別区人事・ 厚生事務組合社会福祉事業団 tswa-swc@beach.ocn.ne.jp 03-6666-1046

  • oce********

    4.0

    これも戦争

    「MASH」などの系譜に連なる戦争コメディ。 太平洋戦争中の輸送艦にいる海軍たち。 あまりに暇すぎて遊んでばかりだが、そこへ艦長の理不尽な規律でしごかれる日々。 副長のロバーツは何とかこれを改善しようとするが。 軍にとっては退屈こそ真の敵という教え。 実戦までをいかに過ごすかというという問いに1つの答えを出している。 ロバーツの隠された思いに船員たちが応えるやり方。 そしてパルバーの忠実さ。 ジャック・レモンの飄々としたコメディ演技は笑えるが、それと同時に反戦への思いでもある。 ラストの物悲しさと、そこからのちょっとした反抗が楽しい。

  • kak********

    4.0

    本当の勇気とは何かを教えてくれる戦争映画

    主役は、名優ヘンリー・フォンダである。本作品以外でも「バルジ大作戦」のカィリー中佐役や、「ミッドウェイ」のニミッツ大将役で戦争映画に出演しているが、本作品は決して格好の良い役ではない。しかし、代表作「十二人の怒れる男」に見られるような忍耐強く正義感ある役が持ち味で、それが良く出ている。 物語は第2次世界大戦下の、米海軍貨物輸送船乗務の男たちのドラマが展開する。南太平洋の比較的安全な地帯で物資の補給を主な任務としているので、実戦もなく平穏で退屈な日々を送るのだが、そこにもドラマはある。むしろ、退屈に耐える事が真の勇気だと主人公は説くのだが、その理由は徐々に明らかになる。 共演は、「汚れた顔の天使」で主役を務めたジェームズ・ギャグニー。ギャング映画の印象が強いが、この映画のギャングは最後の最後に大きな仕事をすることになる。他では、「巨星ジーグフェルド」で主演のウィリアム・パウエルや、本作品でアカデミー賞助演男優賞を受賞した若き日のジャック・レモンなど。 しかし、「砲艦サンパブロ」のスティーヴ・マックィーンもそうだったが、派手な戦争映画より、どちらかというと縁の下の力持ち的な役割を果たしている所にスポットを当てた戦争映画に名作が多いのは偶然だろうか。「プライベート・ライアン」のトム・ハンクスも人捜しという地味な任務で同類と言っても良い。 ジャック・レモンが出演しているからではないが、本作品はコミカルな面が多く笑って見られる戦争映画である。映画デビュー後3作目でアカデミー賞に輝いたのがラッキーではなく実力なのは、その後の目覚ましい活躍が証明している。ヘンリー・フォンダを中心に才能ある役者が持ち味を出した結果を見て欲しい。

  • mut********

    5.0

    ネタバレミスタア・ヘンリー・フォンダ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kur********

    4.0

    ネタバレ隠れた佳作

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

アカデミー賞第28回

助演男優賞

基本情報


タイトル
ミスタア・ロバーツ

原題
MISTER ROBERTS

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル