ミスティック・ピザ

MYSTIC PIZZA

103
ミスティック・ピザ
3.6

/ 69

17%
42%
32%
4%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(15件)

切ない17.5%かわいい12.5%コミカル12.5%楽しい12.5%泣ける10.0%

  • arl********

    3.0

    いい話

    ほっこりする、いい話でした。ジュリア・ロバーツは「お金持ちに見初められる娘」をこの時点でやってたんですね(プリティ・ウーマンのヒットはこの2年後)。ハマり役ってわけだ。 ビル役のドノフリオもよかった。フルメタルジャケットの頃の彼(デブではなかったけど)。 マット・デイモンがセリフのないチョイ役で出ていた。デビュー作らしい。

  • 一人旅

    3.0

    ポルシェに魚汁をぶちまけるなんて…

    ドナルド・ペトリ監督作。 同じピザ屋で働く3人の女性の恋と友情を描いた青春ドラマ。 コネチカット州の港町ミスティックを舞台に、地元で人気のピザ屋「ミスティック・ピザ」で働く若い姉妹とその親友の女性3人が織りなす人生模様を描いたもので、『プリティ・ウーマン』(90)でブレイクする前のジュリア・ロバーツを筆頭にアナベス・ギッシュ、リリ・テイラーがそれぞれに悩みを抱えるヒロインを好演しています。 貧乏であることを恥じているデイジーと、“微妙に完璧ではない”金持ちハンサム青年の恋 デイジーの妹でエール大進学を控えている優等生:キャットと、幼い娘のベビーシッターとして彼女を雇っている年上既婚者の恋 漁師の婚約者との結婚を先延ばしにしている性欲モンスターな親友:ジョジョ ―と3人のヒロインそれぞれの恋や人生についての悩み、そして女同士の固い友情を描き出した80年代青春ドラマの佳作で、所々に織り交ぜられたユーモア(中でもポルシェに“魚汁”をぶちまけるシーンは最高)が笑いを誘ってくれますし、ピザ屋の気のいいオーナー夫婦との仲睦まじい関わりも物語の大切なアクセントになっています。 蛇足) J・ロバーツ演じるデイジーが恋人の家族と食事を囲むシーンで、撮影当時18歳のマット・デイモンが端役で出演していますが、本作品はマット・デイモンの俳優デビュー作として知られています。

  • 豊崎久美

    4.0

    ネタバレ女の子の青春ものの傑作。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ali********

    4.0

    3人の若い女性の未来探し ★レストラン探し

    大きなピザがおいしそう。ポルトガル系アメリカ人の若い女性たち、という設定だったと思う。やや社会的に厳しい階層なのかもしれないが、英語は完ぺきだ。もちろん、素敵な男性を見つけようとする。知り合った金持ちの偉そうな息子に向かって、美人できついジュリア・ロバーツ役の女性がしかりつける。名門大学を目指す女性と、ベビーシッターを頼んで親密になる大学教授と、途中で帰ってきたその奥さんの微妙なやり取りも、「勉強」になりました。もう一人の女性は、・・・あまり覚えていない。最後は、女性たちのお母さんが経営するピザ屋が雑誌に取り上げられ、何となくハッピーで終わります。 巧妙なストーリーではないが、小さな港町の風景や、食べ物に囲まれることもあって、良い雰囲気の映画でした。一部にファンがいるのか、DVDは高値で売っています。  <良いレストランの見つけ方>  ★理論A 客が少ないところは概してまずいが、「中程度に入っている店と、満員の店と、どちらを選ぶか」という問題です。 集客力は、品質からだけでなく、立地条件や宣伝やインテリアから生まれることもある。つまり、中程度に集客する店でも、結構「穴場」でよい店があるのです。まず、客が満員でないということは、何といっても静かで落ち着けるメリットがあります。メニューの特定の食事や飲み物だけ、おいしいという場合もあって、これを見定めれば利用できる。 たとえば、ローカルな話ですが、  ●四条烏丸ラクエの3階、カフェレストラン。  ●今出川通り鴨川西側北のレストランも、ワインはまずいが、ビールとオニオンフライ、パンケーキなら満足できます。  ★理論B    立地条件:==有利、**普通、##不利 意思決定:■合理的選択(費用対便益の最大化)、⦿職業倫理的な選択 集客 収益↑----------------------------■==⦿=       |---------------------■==           |--------------■==               |--------■==-----------***⦿**       |===---■******             |-----**---------------------###       |**---■#########           └###―――――――――――――――→ 商品・サービスのクオリティ

  • fg9********

    3.0

    マット・デイモンがほんの端役

     …今から30年弱も前の1988年の作品で、ジュリア・ロバーツはあまり好みではない女優だが観てみる。  …あらすじは、解説のとおり。  可もなく不可もないありふれたラヴ・コメディだが、すんなりと最後まで観切れてしまった。  ピザハウスのおばさんはなかなか良い味を出していた。  マット・デイモンがほんの端役で出ていたのには驚いた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ミスティック・ピザ

原題
MYSTIC PIZZA

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル