レビュー一覧に戻る
水の中のナイフ

水の中のナイフ

NOZ W WODZIE/A KNIFE IN THE WATER

94

qua********

4.0

3人の欲望が渦巻く

ポランスキー監督の長編デビュー作です。 これは何とも、底が深い作品ですねぇ。 う~ん、シンプルで解り易いストーリーとは到底、言い難い。 冒頭、ドライブ中の夫婦の車にヒッチハイクをする若い男が突然現れ、車を急停車させてしまう。 激昂した夫だったが、ふとしたはずみで若い男を車に乗せてしまう。 これを境に、奇妙な三角関係が始まってしまうのだった。 元々、ヨットで休暇を過ごすつもりだった夫婦は若い男も同行させる事に・・・。 ところが、若い男をヨットに乗せた為に、トラブルを起こす引き金となってしまう。 ここからの展開が非常に面白い。 3人の欲望、葛藤や嫉妬心などが渦巻いてゆく。 即ち、人間の隠れた素顔や本性、腹黒さ・・・要は、見え隠れした3人の性が徐々に明るみになるのだ。 妻と若い男の距離感が、次第に夫を嫉妬へと駆り立て、狂気にも似た空気に様変わりする。 高度で巧みな心理戦、駆け引きは凄いとしか言い様がない。 3人の内面を抉り出した描写となっている。 人間は本性を曝け出すと怖い生き物なんだなと、改めて思わせるわ。 「水の中ナイフ」・・・理に適った邦題を付けたね。 このナイフが後に重要な役割を果たす事になる。 ストーリーの軸となる一部分と言えよう。

閲覧数1,405