ミス・ファイヤークラッカー
2.8

/ 4

0%
50%
0%
25%
25%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(1件)

泣ける16.7%かわいい16.7%笑える16.7%コミカル16.7%ロマンチック16.7%

  • 一人旅

    4.0

    何にもまして、ホリー・ハンターの魅力!

    トーマス・シュラム監督作。 アメリカ南部、ミシシッピ州の小さな田舎町を舞台に、ミス・コンテストで優勝目指し奮闘する女性の姿を描いたヒューマンドラマ。 小品だが心温まるヒューマンドラマの佳作で、原作・脚本は1981年に戯曲「Crimes of the Heart」でピューリッツァー賞を受賞したベス・ヘンリー。彼女の出身地がミシシッピ州であることから、本作もミシシッピ州のヤズーという名の田舎町が物語の舞台になっている。 本作は、ミスコン優勝者に与えられる称号“ミス・ファイヤークラッカー”に憧れる主人公カーネルの奮闘記を、彼女を取り巻く3人の男女の愛と苦悩を交えて描いた群像劇風のドラマで、魅力は何と言っても名優揃いの豪華なキャスティングにある。 主演は、ジェーン・カンピオンの傑作『ピアノ・レッスン』のエイダ役でアカデミー主演女優賞とカンヌ映画祭女優賞をW受賞したホリー・ハンター。身長160cm未満とアメリカ人女性にしては随分小柄だが、演技力と存在感はいつ見ても超一級。『ピアノ・レッスン』のエイダ役とは対照的に、本作の演技は元気満点でやたらと動く。 共演は『BTTF PART3』のメアリー・スティーンバージェン、若き日のティム・ロビンス、男の渋さムンムンのスコット・グレン。 主な登場人物としては... ・ミスコン優勝目指し奮闘する元気いっぱい主人公カーネル(ホリー・ハンター) ・カーネルの従姉で過去にミスコンで優勝した経歴を持つエレイン(メアリー・スティーンバージェン) ・エレインの弟で放浪癖&喧嘩腰のデルモント(ティム・ロビンス) ・カーネルの元恋人の中年男マック(スコット・グレン) ・ミスコンの衣装づくりを手伝う陽気な黒人娘ポップ・アイ(アルフレ・ウッダード) ミスコン優勝のため頑張るカーネルの奮闘がストーリーの中心だが、夫との離婚を検討中のエレインの苦悩や、デルモントとエレインの姉弟間の確執、カーネルとマックの微妙な恋愛感情など、見どころとなるエピソードが散りばめられている。最大の見せ場であるミスコンシーンではホリー・ハンターの魅力が炸裂。小さな体をめいっぱい動かして華麗な(?)タップダンス+ライフル・ドリルを披露する姿は躍動的で、感動的。相当練習したんだろうなあ~。 花火を背景にしたすっきり爽やかな結末に後味がいい。人生において何かをがむしゃらに追い求めていたカーネルの、初めての心の休息・再出発の兆し。 ホリー・ハンターファンなら是非とも押さえておきたいヒューマンドラマの佳作。現時点では未DVD化だが、中古VHSならネットで超格安(¥1)で入手できます!

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ミス・ファイヤークラッカー

原題
MISS FIRECRACKER

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル