ここから本文です

ミス・ブロディの青春 (1968)

THE PRIME OF MISS JEAN BRODIE

監督
ロナルド・ニーム
  • みたいムービー 12
  • みたログ 22

4.33 / 評価:7件

全ては人間の本質を表している

  • shanti0926 さん
  • 2013年12月18日 17時28分
  • 閲覧数 1062
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

ラストのサンディの涙で「やはり人間だもんね・・・」と
思いました。
どんなに嫌な先生だったとしても、
仲間と共に、先生と共に過ごした思い出は
優しくて忘れられない。
そこに人間の本質の1つである決して無くせない優しさを
見たような気がします。

ブロディには最初からなんかエラそうなオバサンやなぁ~って
僕は思ってましたから、結局ああいう人間だったと知っても
「あぁ。やっぱりか・・・」と思いましたね。
まぁ少しぐらいの驚きはありましたけどね。
でもそんなブロディのエラそうにしてる態度すらも
誰もが持ってる人間の本質の1つを表しているにすぎません。
そういう意味ではサンディが持ってる本当の優しさも
ブロディにもあるというわけです。

そのサンディ演じるパメラ・フランクリンの
最初と最後の変わり様の演技にも圧巻ですよね。
すごい大人っぽい。
そんな大人で知的なサンディと権力者面のブロディとの終盤での
やり取りは見ものだと思います。
序盤では普通に仲良かった2人が結局終盤にいくにつれて
敵同士になってしまうんだもんね。


・・・あとは観てからのお楽しみ☆
とても面白い作品なのでオススメです♪

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ