レビュー一覧に戻る
路(みち)

fbx********

5.0

ギュネイ渾身の傑作

トルコの反体制映画作家ギュネイの最高傑作。 獄中から支持をして作り、極秘のうちに海外に持ち出し、 世界が驚いたまさに渾身の一撃。   ギュネイはあらゆる民俗や信仰などの抑圧を描き、 そして、それに戦う人を描きだす。 この映画の中でも、妻の不貞のために、夫が妻を捨てに行き 最後の最後に夫が妻を呼び、彼女の元に走るシーンの哀切さたるや、 私も涙を止めることは出来ませんでした。 これも伝統と因習。 まさに戦う映画。強い。見た後こんなに疲れた映画も初めてだ。

閲覧数639