ここから本文です

未知との遭遇 特別編 (1980)

CLOSE ENCOUNTERS OF THE THIRD KIND: THE SPECIAL EDITION

監督
スティーヴン・スピルバーグ
  • みたいムービー 29
  • みたログ 957

3.74 / 評価:282件

今見ても面白い

  • tak***** さん
  • 2018年2月12日 20時39分
  • 閲覧数 252
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

製作年代の古い作品ですが、映画としての文法がしっかりしているので違和感なく楽しめました。さすがはスピルバーグ。

一貫して知性と知性の出会いとして描かれていたのが良かったです。血迷った軍隊がマシンガンを撃ったりする展開にならなくて良かった(笑)。そして最後に選ばれるのは強い感受性と好奇心を持った人物。これまでの人類の進化の歴史の中でも新しい扉を開いてきたのはこういう奴だったのかなーと思ったりしました。旅立ちの前に家族とのヨリを戻してあげたかったな。

今作り直すとすれば、もう少しUFOの造形を工夫したいです。設計思想がまだまだ人類の発想の延長に感じられるので、あれだけでは地球外文明なのか(人類の)未来文明なのかが分かりづらい。2019年にはロサンゼルスの上空をスピナーが飛び交う時代感としてはね。

最後に挨拶に出てきたエイリアンはめっちゃ綺麗なまばたきしてたなー。E.T.の原型ですね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ