ここから本文です

ミッション (1986)

THE MISSION

監督
ローランド・ジョフィ
  • みたいムービー 98
  • みたログ 703

3.56 / 評価:236件

“デ=ニーロ・アプローチ”なるもの…

  • sitfack さん
  • 2008年11月27日 16時25分
  • 閲覧数 689
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

 
 
何の脈絡もなく
徒然に(笑)
 
 
昔からヨクゆう“デ=ニーロ・アプローチ”なるもの…。
 
この映画だとリーアム・ニーソンなんかエキストラみたいになってる。
か、グアラニー族の一人にしか見えない(笑)
 
デ=ニーロも最近でこそ歳食っちゃったから
自在に太る痩せるとか、
徹底した役作りとか
そういう副次的要素にとらわれがち。
 
 チガウチガウ。
 
 
やっとダニエル=デイ・ルイスなんかも達しつつある世界。
イタコの世界(笑)
 
あれ?
コレ恐山映画?みたいな。
 
普通出来てセイゼイ2面性まで。
典型、人間嫌いがエピソードを通して愛を知るとか…。
 人物 A→A’
それだけでも映画の中に“実在”してればたいしたもん。
 
 
どっこい
“デニーロアプローチ”なるものは凄まじい。
この映画『ミッション』においては
 
1人間狩りにおける最高のハンター
2 実弟を刺し殺した痴呆
3 神により啓示を受けた神父
4 “愛”そのもの擬人化
5 復讐を誓う悪魔
6 人間(死)
 
この6種類の人間、ときには象徴を
「役」って意味じゃなくて「実在」として変幻自在に往来する。
もう人の世の煩悩と業を知り尽くした
“仏様”レベル(笑)
スゴイスゴイ
 
 
で。映画はというと

1750年代、南米のパラナ川上流域(現在のパラグアイ付近)を舞台に、
スペイン植民地下における先住民グアラニー族へのキリスト教布教活動、
 
布教に従事するイエズス会宣教師たちの生き様 
彼らの理想的桃源郷と植民地社会の現実との葛藤
 
帝国主義政治権力の暗部
 
グァラニー侵略戦争(1753-1809)
 
といったような内容盛り沢山で
奴隷商人メンドーサ(デ=ニーロ)という一人の男の眼を通して2世紀に渡る大殺戮の歴史を描く。
 
 はい。
ざっと内容聞いただけでもお腹いっぱいのホロコースト大スペクタクル。
 
その上に顔半分がきちゃナイ髭ヒゲもじゃデ=ニーロと、
真っ裸の食人(史実)族グァラニーが3時間、
画面をフル占拠。
 
みんなぜひ観て!!!(笑)
 
 
 
クリストファー・コロンブスが大西洋の先の知識を求め、アイスランドへ赴いたのが1477年。それから280年後の1753年に映画のテーマ「グァラニー戦争」がおこる。
 
 
1759年(ブラジルから)・1767年(スペイン領から)のイエズス会追放令によって伝道所が最終的に解散・放棄された。
 
 世界遺産UNESCO登録一覧
グアラニーのイエズス会伝道所群(アルゼンチン・ブラジル)1983年登録
チキトスのイエズス会伝道所群(ボリビア)1990年登録
ラ・サンティシマ・トリニダー・デ・パラナとヘスース・デ・タバランゲのイエズス会伝道所群(パラグアイ)1993年登録
コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群(アルゼンチン)2000年登録


あ。あとこの監督 ローランド・ジョフィと
デヴィッド・パットナムのコンビ。
 
前作『キリングフィールド』の時から
東南アジアのカンボジアと南米のパラグアイ、
舞台こそ違どずっと同じテーマで撮り続けてる。
 
=== 『キリング・フィールド』 ===
★★★★☆
[[attached(1,center)]]
The Killing Fields(1984)/イギリス
監督 ローランド・ジョフィ
製作 デヴィッド・パットナム
脚本 ブルース・ロビンソン
出演者 サム・ウォーターストン
ハイン・S・ニョール
音楽 マイク・オールドフィールド
撮影 クリス・メンゲス
キリング・フィールド(The Killing Fields)は、ニューヨーク・タイムズ記者としてカンボジア内戦を取材し、後にピューリッツァー賞を受賞したシドニー・シャンバーグ(Sydney Schanberg)の体験に基づく実話を映画化したもの。1984年のアカデミー賞において、助演男優賞・編集賞・撮影賞の3部門受賞
 
 
 
これらの映画で勘違いしてはいけないのが
ホロコーストのする側、される側
劇中のチビの有色人種達は日本人でもあるといううこと。
 
最近観なおした
=== 『シリアナ』★★★★☆ ===

=== 『ルムンバの叫び』★★★★★ ===

=== 『ルワンダの涙』★★★☆☆ ===

=== 『マルコムX』★★★★★ ===
とかの流れでいけば
なぁんだ最近のフツーの流れじゃん
 
 
 
 
産業革命からも
なんも変わってないね~
って思う。

弱肉強食の食物連鎖とはいえ
 
国連各国の搾取者の“共食い”のえげつないこと…
アンタら虫ですか?
 
こんな映画がよけ出回ったらそら恥ずかしいかろうて。
 

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ