ここから本文です

ミッドナイト・エクスプレス (1978)

MIDNIGHT EXPRESS

監督
アラン・パーカー
  • みたいムービー 141
  • みたログ 890

3.77 / 評価:266件

30年ぶり2回目だけど、やっぱ凄い

  • yuko_movie さん
  • 2019年2月19日 2時20分
  • 閲覧数 928
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

30年前10代の頃、レンタルで借りて観ました。

借りておいて、自分は後で見ようと思っていたのですが、
見たい人見てね、と置いておいた部屋をちょいと覗いたら、
みんなが超真剣に食い入るように観てる。
10代後半~20代前半の女の子達が。

ん?どうした?コメディ観るのに、なんでそんなマジ?

そしたら、皆さん、
「これコメディじゃないよ・・・すごいよ。面白い!」と。

見終わって皆さん、疲れた、凄かった、と。
その反応がスゴイなと思い、自分も見ました。

そして、うーむむむむ。こわーーーっ、と。
当時、10台後半、今思えば、
イマイチよく分からないことも多かったのですが、
ものすごく衝撃は受けました。

とにかく「すごい映画」として自分の中にインプットされて、
いつか機会があったらまた観よう、とずっとタイトルも記憶されていました。

そして、今回チャンスに恵まれ、ようやく叶った2度目の鑑賞。

いろんな事を知ったうえで、今回見ました。

へえ、アカデミー賞なんだ?こんな地味なのに、とか、
事実に基づいて作られた話だけれど、誇張された部分もある、
事実じゃない部分もある、トルコ人蔑視とトルコでは批判された、
などなど。

それでも、映画としてよかったと思います。地味ですが。

あまり悪いことしたと分かってない、おバカなアメリカの若者バカ物、
言葉の通じない国で警察に捕まることの大変さ、
刑務所の劣悪ぶり、どうにもならない息苦しい閉塞感。

おバカにかるーい気持ちで、麻薬を運ぼうとし、
大した罪じゃないよね?とタカをくくり、
写真を撮られそうになったシーンではヘラヘラしちゃってみたり、
もっと軽い罰で済むと思い込んでいたり、
お父さんは、バカ息子が可愛いのは当たり前だし、
うんうん、こうだろうね、というリアル感満載で話が進みます。

私は別にトルコ蔑視の映画とも思いませんでしたし、
アメリカ万歳とか、刑罰が重すぎるとか、そういうのも思いませんでした。

ただただ、おそろしく悲惨。
悪いことしちゃいけないよー、外国で警察に捕まると大変だよー、と。
外国じゃなくても、日本でも警察には捕まらないほうがいいよー、と。
トルコだけじゃなく、刑務所なんてそんな、
快適で豪華で清潔で楽しい、5つ星ホテルなわけないじゃん。
そんなの誰も刑務所に求めてないし。

私は全然、「劣悪刑務所批判」映画にも見えなかったし、
アメリカ人が理不尽にひどい目に合いましたアピールも感じなかったし、
アメリカ人脱走出来て、よかったね、万歳。にも感じませんでした。

音楽もシーンに合っていてよかったし、
あと、ラストシーンの背中の演技(こういうシーンにしたことも)もよいと思いました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ