ミッドナイトクロス
3.8

/ 318

31%
34%
26%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(83件)

切ない16.3%悲しい14.1%泣ける9.8%恐怖9.4%不気味8.7%

  • his********

    2.0

    最後のシーンはありえない

    最後のシーン、主人公が、自身も音響スタッフとして参加する制作中の映画での女性の叫び声を、サリーが実際に殺害された時の悲鳴を吹き替えにするのは、ありえない。たまたま暗殺事件現場の音声を録音してしまった音響技師の男の奮闘を描くというシナリオはいいと思うが、全般的に緊張感も薄く、それを生かしきれていない。サリー役がロボコップの同僚女性警官だったナンシー・アレンで懐かしかった。

  • cha********

    4.0

    愛すべき二人

    まず、1970年代に、8mmフィルムのスライシング(切って・つないで)や、オープンリール・デッキの操作をよくやったので、懐かしかった。今の若い人には博物館ものだろうね。 冒頭の、B級映画の監督が「絶叫音声」にこだわるシーンが繰り返され、くどいなと思っていたら、最後にその伏線が、とても痛いかたちで回収された。いささかあきれるプロットで、巨悪を暴くこともならず、カタルシスとはほど遠い結末となった。 しかし、妙に心に残った。それは、主役二人の魅力による。トラボルタは、中途半端な正義感を持った、無鉄砲な街のあんちゃん。ナンシー・アレンは、娼婦すれすれの仕事をしながらも、無垢な心を持った、ちょっと足りないねえちゃん。いずれも適役で、また好演している。 愛すべき二人であった。

  • マスカッツ

    5.0

    撮影技術の博物館のよう

    映画内映画やヒッチコックや長回しやら色々な面白い映像と、音響効果マンという馴染みのない仕事からの視点がすごく効果的です。そしてラストは最高の音楽と最高の背景と最悪の結末になっています。

  • yuki

    4.0

    ネタバレ演出が個性的

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cha********

    4.0

    ネタバレよかったです

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ミッドナイトクロス

原題
BLOW OUT

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル