レビュー一覧に戻る
ウインディー

aok********

3.0

ファイト一発の夜明け前

肉体派・渡辺裕之兄さんが昼メロ「嵐3部作」で大ブレイクする前のバイクムービー。 つってもコチラは汚れた英雄のようなハードボイルドではなく、そこはかとなくほのぼのムード。再起を賭けてGPを戦っていこうとする、その中で娘との絆などが描かれている。 クリスっていう、当時めちゃめちゃカワイイ、ティーンモデルのコがいて、彼女が裕之兄さんの娘を演じていた。 女の私が観ても、カワイーなあって思った。 裕之兄さんは、好演してたとは思う。なんつうか、ヘンなキザさやカッコつけはなかった。これはまだ駆け出しの俳優が主演の張る上で、とても重要な事だったと思う。 キャラクター設定は、ともすると厭味なカッコよさなのに、彼は風のように爽やかだった。 だからきっと、その後も沢山のオファーに恵まれたんだろう。なぜだか性格の良さを感じる映画だった。 とにかくバイクの映画だっちゅうと、すぐ観に行った時期だったのでパンフレットまで買っちゃったよ。横長パンフだったよ。 だが、映画としては、いまいちだった。感動作なんだが、泣いた記憶がない。 これ、原田真人の監督作品だったんだな……なら、泣けないな(まあ私ったら)

閲覧数1,770