レビュー一覧に戻る
皆殺しのバラード

皆殺しのバラード

DU RIFIFI A PANAME

105

スーザン

4.0

貫禄のジャン・ギャバン。

黄金の密輸を仕切る暗黒街の顔役ポロ。 ストーリーは、ポロと敵対する組織との攻防と、スパイとして入り込んでいる米国諜報員の動きの二本立てで進んでゆく。 男気たっぷりのジャン・ギャバンが見応えたっぷりである。 60年代の東京の街並みも観られるのも興味深い。

閲覧数162