ここから本文です

南太平洋 (1958)

SOUTH PACIFIC

監督
ジョシュア・ローガン
  • みたいムービー 23
  • みたログ 115

4.00 / 評価:32件

戦争の個人史

ミッチ・ゲイナーが好きで幼少の頃から大好きな作品。

この作品で強烈な個性を放っているのが、作品中で流れる「ブラディー・メリー」を演じる、ファニタ・ホール。
「バリ・ハイ」という曲(今観ると顔の異常なテカリ具合と人種差別的なものを感じるが)
の幻想的なシーンが目に焼きついて離れない。

彼女の娘役のベトナム系フレンチ?のフランス・ニュイエンの歌い泳ぐ、「HAPPY TALK」は以前ビールのCMに流れていたが、
とてもインパクトがあり私の好きなシーンでもあり。

この当時はこういった第二次世界大戦ものの映画が何本も製作されていたが、
ミュージカルの本作でさえ、日本人(JAPという台詞ばかり、、涙)が醜く描かれているのが哀しかったり、、、

歴史は変えられないので感情は抜きにして。

アメリカ人の当時の激しい人種差別を美しい音楽に乗せながら、肯定も否定も
ぜず。と思うと実は愛する人やその家族の肌の色や、背景など関係無いというメッセージを
送っている、この当時にしては斬新な内容です。

ミッチ・ゲイナーがとても良いです。ダンス、歌、演技とも全力投球。
この作品後は、ぱったり、、、ですが。

アステアとかこの当時のミュージカル映画って内容が???の方には、
是非観て欲しい作品です。
美しい風景と音楽、対比したかのような戦争の悲しみ。
おススメ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 悲しい
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ