ここから本文です

ミニヴァー夫人 (1942)

MRS. MINIVER

監督
ウィリアム・ワイラー
  • みたいムービー 12
  • みたログ 149

3.34 / 評価:53件

反戦映画と思いたい・・・。

  • pin***** さん
  • 2013年7月6日 21時28分
  • 閲覧数 1172
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

防空壕での戦闘シーンは迫力があって、怖くなった。

ヴィンとキャロルの爽やかカップルは、見ていて微笑ましい気持ちになった。
キャロルの、祖母を想う優しさ、ヴィンを想う優しさに涙が出そうになりました。
けど・・・
戦争の恐ろしさを改めて実感しました。

ラストの粉々になった教会での牧師さんの説教は、ちょっと違うんじゃない?と思いました。
「兵士たちだけの戦争じゃない。我々国民の戦いだ。我々が戦士です、全力で戦おう!」
これじゃあ戦争を助長してるみたいじゃ・・・。

でも全体的には雰囲気も良くて、途中で流れる”威風堂々”も良かった。
最後、ヴィンがベルドン夫人の横で讃美歌を歌うシーンはうるっとしてしまいました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ