ここから本文です

ミュリエル (1963)

MURIEL/MURIEL OU LE TEMPS D'UN RETOUR/MURIEL, IL TEMPO DI UN RITORNO/MURIEL, OR THE TIME OF RETURN

監督
アラン・レネ
  • みたいムービー 13
  • みたログ 34

3.54 / 評価:13件

記憶の中のミュリエル

  • 一人旅 さん
  • 2014年10月5日 0時56分
  • 閲覧数 726
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

アラン・レネ監督作。

やっぱり苦手だな・・・レネ作品。
『去年マリエンバートで』同様、“記憶”がテーマになっていて、本作では過去の記憶に囚われ続ける人々の姿を描いている。
トラウマにも似た過去の記憶から抜け出ることができないがゆえに、一向に前に進むことができない人々。それどころか、それら負の記憶を更に深く遡ってしまうのだ。記憶が人々に与え続ける負の影響を、彼らが取る行動という、目に見えるかたちで表現している。
言いたいことは分かるものの、単調な展開と地味な映像が合わさって終始退屈だった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ