ここから本文です

ミュリエル (1963)

MURIEL/MURIEL OU LE TEMPS D'UN RETOUR/MURIEL, IL TEMPO DI UN RITORNO/MURIEL, OR THE TIME OF RETURN

監督
アラン・レネ
  • みたいムービー 13
  • みたログ 34

4.17 / 評価:13件

素晴らしかった

  • pcx***** さん
  • 2016年9月6日 13時47分
  • 閲覧数 467
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

アランの作品の中で、一番好きです。
作品全体に漂う、人生の虚しさ 寂しさ
シーンの美しさ。
記憶に振り回される人間を芸術的に表現した
素晴らしい作品だと思います。
一般受けはしないでしょう、退屈に感じる方も多いと思いますが
私は大好きです。ラストシーンの歌が流れ
女性が、アルフォンスを探し部屋を歩き回るシーン
人生はまるで、わざわざ見付からないものを探し追いかけ
迷い道にはまるのだと表現しているようでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
  • 不思議
  • 知的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ