ここから本文です

みんな愛してる (1992)

JACK THE BEAR

監督
マーシャル・ハースコヴィッツ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 37

3.60 / 評価:10件

みんな愛してる

  • sot******** さん
  • 2007年10月9日 22時12分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

 ストーリー自体は、キーパーソンであるゲイリー・シニーズの役柄にリアリティーがなく、イマイチといわざるを得ない。しかし、言わんとするテーマ自体は良いものであることと、非常に高い演出力と演技力によって、それなりに観られる作品となっている。
 特にロバート・ステンミラーjrらリアリー家を演じた3人は、その心の葛藤の移り行く様を見事に表現しており、監督以下の綿密なブリーフィングが見て取れる。
 映像的にも、家族の心理状況に合わせたパース(簡単には「遠近感」)が上手に選ばれており、観客の感情移入を多いに助けたといえよう。撮影による演出とはまさにこのこと。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ