無邪気な悪魔におもちゃが8つ

DEVIL TIMES FIVE/PEOPLE TOYS/THE HORRIBLE HOUSE ON THE HILL

89
無邪気な悪魔におもちゃが8つ
2.0

/ 3

0%
0%
33%
33%
33%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(2件)

不気味28.6%恐怖28.6%絶望的28.6%パニック14.3%

  • スカイヤーズ

    3.0

    好きだと言えば人格を疑われそうで・・・!

    昔々の作品である、当時としては斬新な作りであったと思うが、今となっては 懐かしの映画。 この時代のお決まりの展開、お決まりのサービスシーン、 突っ込みどころ満載である。 題名からもわかる通り、異常な子供たちと8人の大人たちの物語で 我々にエスターより残酷な子供を見せてくれるのである。 本当に遊び感覚で殺戮を繰り返していく(デットコースターの人間版) 今で言えば目新しい殺し方ではないが、眼力だけは凄いと思う 無表情の眼力には怖いものを感じてしまう、拍手ものであった。 一部ではカルト作品となっているようだが、私的には人にあまり 薦められなくて絶賛できない、すまん・・・                    終

  • hjp********

    2.0

    ♪バイバイ哀愁でぃ 駆け抜けた~

    もうただただタイトルのみでレンタルしてしまった。 古いっ 1974年って……(沈) 雪道でスリップした一台の小型バス 横転し、運転手は死亡 後部に乗っていた子供たち5人全員がほぼ無傷で 車から這い出してくる。 これがフツーの子供たちではなく 精神病院の重症患者だった 近くの家に忍び込み、そこにいた大人たちをいとも簡単に殺していく。 初めに殺すのは後を追ってきた病院の教授 スローモーションで結構長い間 よってたかってハンマーや鎖でなぶり殺す それ見てたら なんだか気分悪くなってきた。 ここの家にいた大人たちは何ともしょぼすぎます。 少し頭の弱いお手伝いは別として まるで無抵抗 しかも、美人とかハンサムとかとは無縁 散らかったおっさんや 若いんだか年食ってんだかわかんない女の人 もうどうでもよくなりました。(哀) おっぱいがつくりものみたいな女優が一人、これは間違いなくサービス要員だわ お湯からぷっくり浮かんでた。 たいした内容はない 子供が理由も迷いもなく そこにいる大人を殺すという まさに、ズーンと気分が落ちるだけ。 死体を雪だるまにするのも悪趣味だったな。 観終わった後 キャストの欄を見てみると 子役の男の子の一人にレイフ・ギャレットという名前が レイフ……ギャレット…… なんか聞いた事があるような 調べてみると 昔、歌うたってましたね。 YOU TUBEで聴いちゃいました。 覚えてますとも New York City Nights 田原俊彦が『哀愁でいと』でカバーした原曲です。 そういえば セリフで 「ぼくのキレイな顔に傷つけたな」 ってのがあった。 勘違いの子タレにはぴったりの一言でした。 しかしやっぱり 年代物は時に、キツイっすね~~。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
無邪気な悪魔におもちゃが8つ

原題
DEVIL TIMES FIVE/PEOPLE TOYS/THE HORRIBLE HOUSE ON THE HILL

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル