レビュー一覧に戻る
無防備都市

無防備都市

ROMA, CITTA, APERTA/OPEN CITY

106

エル・オレンス

5.0

ネタバレ今まで未見だったのが恥ずかしい程の名作!

いやぁほんと、この映画を観ずして、今まで映画ファンを名乗っていたのが本当に恥ずかしいです・・! 愛する男を追いながらも、鳴り響く銃声と共に倒れ込む女性の真正面ショット、机上に並ぶ血みどろの拷問器具、そして処刑されて崩れる神父を遠くから眺めて背中を向け去っていく(意志を継いだであろう)子供たち― 一度観たら目に焼き付いて離れない衝撃のシーンばかり。 当時25歳のフェデリコ・フェリーニが、この映画の脚本執筆に参加し、同時に映画人生のスタートを切っているのも凄い。 この映画を観て、見ず知らずのロベルト・ロッセリーニに手紙を書いて送り、夫と娘を置いて彼の元へ発ったイングリッド・バーグマンの衝動的な行動にも、頷けてしまう。 映画好きで未見なら、今すぐ観るべき、『自転車泥棒』(1947)と並ぶイタリア・ネオレアリズモの名作中の名作!

閲覧数79