レビュー一覧に戻る
メイド・イン・ヘブン

メイド・イン・ヘブン

MADE IN HEAVEN

103

一人旅

5.0

ネタバレWe’ve never danced♪

アラン・ルドルフ監督作。 ティモシー・ハットン&ケリー・マクギリスが競演を果たした80年代ファンタジーロマンスの名篇ですが、日本では未DVD化のためVHSで鑑賞するしかない現状にあります。 溺れている子供を助けようとして溺死してしまい天国に送られた青年:マイクは、天国で生まれ育った女性:アニーと出逢い相思相愛となるが、ある日アニーが赤ちゃんとして地上に降りてしまい、30年以内にアニーを見つけ出すという条件でマイク自身も赤ちゃんとなって地上で新たな人生をスタートさせるが―というファンタジーラブロマンスで、天国で出逢った男女が赤ちゃんとして地上に降りて再び出逢っていくまでの過程を描いています。 天国から地上に降りるとそれまでの記憶の大半を失ってしまうため、マイクとアニーはお互いの存在を知らないまま人生を歩んでいきます。二人それぞれの幼少期~青年期の人生の歩みを交互に描いて、ニアミスがありながらも出逢うことなく無情に時が過ぎていく中、やがて不思議な運命の縁に導かれるようにしてドラマティックな再会の瞬間を迎えていくまでの紆余曲折の道のりを鮮やかに描いています。息子(=マイク)を亡くした実の両親との束の間の再会&交流や、天国から引き継いだ記憶の断片のフラッシュバック等、“一度天国に行った人間が再び地上に戻ったら…”というシチュエーションを活かした演出&エピソードにホロリとさせられますし、W主演となったティモシー・ハットン&ケリー・マクギリスの瑞々しい演技も絶品となっています。

閲覧数989