レビュー一覧に戻る
メガフォース

メガフォース

MEGAFORCE

99

tgt********

5.0

悪いことをすると、馬鹿が来るぞ!!

「お馬鹿映画」などという区分けに、意味など無かった。 映画とか、現実とかの区別も無意味だ。 「馬鹿は只ただ馬鹿として、凛としてそこに在る」 そういうものなのですね。 政治の介入が困難な紛争地の問題なら、 国籍不明の必殺軍団メガフォースにお任せだ! 休みの日には田舎のガソリンスタンドでバイトしてそうな 粋な兄ちゃん50人が、ベニヤ板貼り付けたバイクに乗って 煙を吹きながらやってくるぞ! 決して、狙ってるようには見えず、 大の大人が何やってんだ!みたいな与太話を 基本、作り手はある程度まじめに作っているのですが。 空気は読まん! わしらはやりたいようにやる! どうだ、楽しいだろう! 「馬鹿やって笑ってもらいましょう」という下心などなく、 なんか、作り手の人たちの心が、すごく自由。 野球の試合にいきなり駆り出されたとき、 いきなりマウンドの上で素振りを始めるバッターのような 軽やかさというか。 (毎度意味不明なたとえですみませんね(^^;) クライマックス、「アバター」もある種度肝を抜かれる SFXシーンの後、どカメラ目線で「イェー!」と 決めポーズを取る主人公には思わず 「この馬鹿! でも好きだ!」と降参してしまいます。 そもそも昔劇場で見た(!)のですが。 古いビデオを取り出して再見したら、嬉しくなってしまった。 たとえば 久々に古い友人が集まって、一晩語り明かした後。 「相変わらず馬鹿だったな、あいつ」 「ああ、馬鹿だった…」 「本当に馬鹿だ」 「また来ないかな」 もしこの映画を未見の方がいたら、 DVD未発売なので難しいかとは思いますが なんとかして観ることをお勧めします。 まず間違いなく、人生の無駄使いとなることを 保障しますが(^^;)。 でもね、 「正義は勝つんだ、21世紀でも」てな台詞を 聞かせてくれるような映画、 そろそろ出てきてもいいんじゃないかって、 気分にはなると思いますよ。

閲覧数2,165