牝猫と現金(げんなま)
2.7

/ 9

0%
22%
44%
11%
22%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(5件)

セクシー22.2%かわいい22.2%コミカル11.1%悲しい5.6%かっこいい5.6%

  • nam********

    2.0

    ミレーユ・ダルクがかわいい

    着ている服もおしゃれだし、男性は美女の唐突な露天風呂にどき☆ ストーリーは、まあ母は強し、ということで。

  • nyj********

    4.0

    ミレーユダルクのヌードを観賞する古い映画

    60年ほど前の映画で有名女優のフルヌードが見れるお楽しみの映画。公開当時は男性達はワクワクと密かに観に行ったのではと含み笑いしながら観た。ストーリーもさほど飽きることない彼女中心のコメディになっていて良いのではないかと思う。

  • gag********

    3.0

    カーアクションが意外に良かった。

    ミレーユ・ダルク目当てで鑑賞。 ストーリーはあまり楽しめなかったけれど、30分を過ぎた辺りのカーアクションはそれなりに夢中になれた。(中でも車が真っ二つのシーンがなかなか) ちなみに私が観たのは90分(yahoo!映画記載の)ではなく110分の内容でした。

  • mal********

    3.0

    赤ちゃんのミルクの時間は大切です。

    1968年に公開されたフランスのコミカルなサスペンス映画です。 組織を裏切り現金4億フランをひとり占めしたツキのピエロと呼ばれるギャングの男は、逃亡中に警察の銃弾で死亡。だが、その4億フランの行方は不明のまま。組織と警察は彼の恋人であるカティ(ミレーユ・ダルク)がその行方を知ってるはずだと思い、彼女を脅し透かしながらなんとか現金の行方を探ろうとするが、そんな彼女もその行方は知らない。果たして4億フランはどこに?そして誰がそれを手にするのか? というのが、おおまかなストーリーです。 シビアな展開でもよかった気がしますが、結果的にコメディ・タッチ路線がミレーユ・ダルクの魅力とつりあってて、それなりに楽しめます。また彼女と今でいうママ友のマリテが互いに乳児を抱えながらの逃亡&銃撃してるにもかかわらず、赤ちゃんのミルクの時間には拳銃を置いて、きちんとミルクを与えるという設定が面白かったです。 主演のミレーユ・ダルクとアヌーク・フェルジャックの健康的な美しさを鑑賞するだけでも、楽しめる映画だと思いますよ。

  • カッチン

    4.0

    面白い映画です(^O^)

     銀行強盗グループの最後の大物ピエロが警察に射殺され、消えた4億フランの行方がわからなくなった。。。 しかし隠し場所をピエロの愛人のカトリーヌ(M・ダルク)には知らせていたようだ(・・;) ピエロの死と同時に彼の子を産み、子供にミルクを与え過ごしていくうちにカトリーヌはお金第一から子供第一に変わっていく・・・  女性の強さ、優しさ、守るべき子供の存在等々、強盗や拘置所を主眼とした映画にしてはとても素晴らしい映画だった(^O^)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
牝猫と現金(げんなま)

原題
FLEUR D'OSEILLE

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日
-

ジャンル