ここから本文です

めまい (1958)

VERTIGO

監督
アルフレッド・ヒッチコック
  • みたいムービー 174
  • みたログ 1,630

3.81 / 評価:443件

皮肉にも今の時代にも通じてしまう

  • レンオウパパ さん
  • 2019年9月16日 18時06分
  • 閲覧数 499
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

超有名なヒッチコックの名作ですが、今見ても全然色褪せない…どころか今の時代にこそガッツリ響く恐ろしさをもった作品だと思いました。

目の前の生身の人間より幻想と妄想のほうに囚われてしまった男と、愛される為なら相手の理想を演じてしまう女…。

特に前者は、今の時代全く珍しいことではなくなった感があり、主人公のスコッティに引きつつも「ちょっと分かるかも…」と思えてしまう自分に「めまい」を感じる…そんな二重の意味で恐ろしい映画です。

騙し騙される関係が二転三転し、その度に観ている側の視点も二転三転、最後は皮肉な結末に似つかわしくないアッサリ演出が逆に後引く余韻を残す、強烈な引力を持った作品。


名作と呼ばれるのには納得。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • ゴージャス
  • ロマンチック
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ