メリーゴーランド

L'ULTIMA NEVE DI PRIMAVERA/THE LAST SNOW OF SPRINGTIME

95
メリーゴーランド
4.3

/ 47

49%
34%
15%
2%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(13件)

泣ける29.3%悲しい19.5%切ない19.5%かわいい14.6%ロマンチック9.8%

  • のこ

    5.0

    とても感動して涙が止まらなかった

    中学生の時学校の授業で見ました。 最後のシーンの映像、音楽どれもすばらしく 涙が止まりませんでした。 見終わってすぐサントラ盤を買いに行ったのを覚えてます。

  • kaw********

    4.0

    ネタバレほんまによかったですよ。忘れられません。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • みきおめぐ

    5.0

    再レビュー。DVD入手!!

    何十年ぶりかで、再見!勿論、号泣です。オンデマンドって言うんですか、・・・、ツタヤさんの復刻シリーズでメリーゴーランドを見つけてオーダー。DVDを手に入れることか出来ました!幸せ!小学生の頃に観てのそれ以来。音楽とイメージと思い出だけが鮮明だったけど、実際の映像を再見出来て、ほんとうれしい限り。改めて、女の子の友達がルカのお見舞いに来た時は強がっていて、退室した後、廊下で涙ぐむシーンが秀逸。ここでも泣かされました。レビュアーさん、皆さん言っている通り、この映画の最大の魅力は音楽。当時購入したドーナツ盤は家の中で埃をかぶっているけど、こうしてDVDでまた聞ける喜び。YouTubeでもたまに聞いていたけど、やっぱり通しで、映画全体を見たかったので。(再レビューです。旧eiganandemochouより)

  • 一人旅

    5.0

    発掘良品を観る #416

    TSUTAYA発掘良品よりレンタル。 ライモンド・デル・バルツォ監督作。 不治の病に冒された少年と父親の愛情を描いたドラマ。 70年代イタリア産“難病物”の名作。母親を亡くした上に多忙な弁護士の父親に相手にされない少年:ルカ。彼は父親と一緒に過ごしたいのに、前々から楽しみにしていた海辺のバカンスには父親の恋人まで同行してしまう始末。それでもルカは子供なりの気遣いで彼女と仲良くしようと努める。そんな中、ルカが不治の白血病に冒されていることが判明。父親は仕事で多忙だった自分自身を責め、残り僅かな時間をルカの傍で過ごす…という、父子の愛情をテーマにした感動の家族ドラマであります。 『ジョーイ』(1977)『ロングウェイ・ホーム』(1981)『ファミリー』(1983)など家族ドラマの名作でありながら未だDVD化が実現していない作品はいくつか挙げられますが、本作は病によって引き裂かれていく親子の愛情を切なく描き上げたイタリア映画の名作です。主題を明白にした無駄のないコンパクトな作劇とメロディアスな音楽を背景にした感動的な描写が観客の涙をこれでもかと誘ってくれます。夜の遊園地を舞台にした父と息子、二人だけのクライマックスは感動がひとしおで、明らかに衰弱している息子と彼にピタリと寄り添って離れない父親の構図が泣かせます。 少年:ルカ役は70年代イタリア子役界のトップスターだったレナート・チェスティエ。繊細な心の機微を的確に表現した表情の演技が絶品です。

  • paopao masa

    5.0

    子供の頃の鮮烈な印象

    この映画を観たのはテレビのロードショーです。 しかも30年以上前でしょうね。 それでもあのラストシーンとあの音楽ははっきりと憶えています。 泣いている姿を母親に見られまいとしていましたが、最後は声をあげて泣いていました。 私にとっては今でも「メリーゴーランド」と言えばこの映画が真っ先に思いだします。 最近、「You Tube」でこの映画のラスト10分を見ました。 イタリア語でしたから何と言ってるのかわかりませんでしたが、もうあの時と同じ泣けて泣けてしょうがなかったです。 あの音楽がかかるともう涙腺がどうしようもなくなってしまいます。 私にとっての永遠の名作です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
メリーゴーランド

原題
L'ULTIMA NEVE DI PRIMAVERA/THE LAST SNOW OF SPRINGTIME

上映時間

製作国
イタリア

製作年度

公開日
-