ビジターQ

R18+84
ビジターQ
3.5

/ 45

18%
42%
22%
7%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(15件)


  • bon********

    1.0

    単なる駄作

    ベタベタとグチャグチャとしたものこそが本物だという稚拙なバイアスに囚われた作品。だからどうした?のオンパレード。三池崇史が生真面目なモラリストだということはわかった。

  • sar********

    3.0

    なんだこれ

    ヤバイw なにこれww ちょっとなんて言っていいのか.... 変な奴が家に入ってきて結果的に崩壊しかけてた家族がなんかまとまった...? いやいや 頭おかしいw エンケンサンと内田春菊さんの演技がぶっ飛んでてよかった。 なんか色々ひどいけど爽やかな終わり方だし 実は直接のグロシーンはゼロ。 エロも大したことないんだけど、こんな映画見てるって友達に知られたくない でも皆に見て欲しいwww ヤバイものみちゃった

  • tai********

    5.0

    でかいレンタル屋にはあるかも。R-18。

    パシフィックリム・ワールド・ウォーZも見たんだけど…いまいち感想が書きにくい?というか…面白かったけど…。だからこの映画について、なぜか今書こう(笑)。・・・昔、三池監督がギャラが安かった映画があったと何かのTVでおっしゃっていたが、僕はこの映画じゃないかと予想しています。昔は全部そうかもしれないけど。とにかくパッケージを見た時「三池監督じゃなかったら、誰がコレを見るんだろう!」と、笑ってしまったのを覚えています。昔のATG映画の様な暗いだけのキャラとストーリー。売る気ゼロにしか見えないスカスカのキャスティング。要するに冷蔵庫には残り物しか入ってなかったのがバレバレなのに、それで「おいしいですよ」と言っているように思えたのです。が!…しかし。あれれ…おいしいぞ、いや、面白いぞ…。見終わった今となっては、「な、面白かっただろ」と笑う監督の顔が目に浮かびます。早起きとランニングと家庭菜園が好きなアナタにはお勧めはしませんが、ジェット機で大空に駆け上がっていくような作品です(俺いつもハードル上げ過ぎかな)。

  • mjb********

    4.0

    最高

    爆笑。すごい。感動。 ただ殺害するとか、ただキチガイを表現、している稚拙な映画とは違い、納得してしまった。 低予算。これがフィルム撮影だったらどれだけ名作になっていたか。いや、デジタルの安っぽさだから傑作になったのかも。

  • ind********

    4.0

    14年も前の作品とは思えない

    タイトルと出だしの「パパと・・・?」の意味がよく解らなかったけれど、 父親と母親の(方向はどうあれ)覚醒による家族再生の物語なのかな? このテーマは園子温監督の作品群に似ているように思います。 ただこちらは、父母の立ち直りがそれぞれの性本質が解き放たれることで家族の再生に向うけれど、園作品の家族はどれも再生できたのかできないのか危ういところにあるという違いがあるように思います。 しかし、父親が息子をいじめる同級生を・・・というのには、観ているこちらの暴力性も覚醒するのか、スカッとしてしまいました。 「子供をまもるなら・・命がけで力づくでも守れよ」というメッセージかな。 しかし、どうにも一般受けは極めて困難な映画、勇気と度胸のある方のみにおすすめ。

  • big********

    4.0

    ぶっとびますが、後味悪くないです。

    三池監督の作品は見たことなくて、たまたまだんなが観たいってことで一緒に見たんですが、出だしが出だしなんで、「何だ、この変態映画は・・・」なんて思ってみているうちにだんだんはまってました。 夫婦役の遠藤憲一と内田春菊の功績が大きいと思います。 二人とも素晴らしい。 よくこんな汚れ役やったなって思う。 ほんと、役者って体をはってやる仕事なんだなってつくづく思いました。 ただ、綺麗だけで綺麗な役をやっている人たちが多くて、腹立ってたけど、この映画ですっきりしました。 大真面目な問題を描くのに、エログロナンセンスを装ってるところがいいですね。 しかも、そこに笑いも絡めて。(晴れ晴れした笑いじゃないですけど・・・) 大真面目なテーマを掲げてるだけで、映画としての描き方やエンターテインメントを忘れてる、独りよがりの映画が最近嫌いなんです。 そういう視点からも、すっきりしました。 今の日本の家族の問題を全部詰め込んでるんですけど、大真面目に大上段から描くこともできるテーマを、これだけはちゃめちゃ風に描いてて、最後のカタルシスに持っていく手腕はなかなか見ないですよ。 というのも、型どおりになっていない人物描写とはちゃめちゃに見えつつ、緻密にきちんとネタ(現実味がない部分もありますが、登場人物の感情をなぞっていくとまあまあ納得)を重ねて、最後の盛り上がりまで破綻なくストーリーが構成されてるんですよね。 拍手喝采です。 私は知性を感じました。 ビジターQの存在が、家族それぞれの欠けている部分を少しずつ補っていって、家族お互いの存在の大切さを目覚めさせていくという仕掛け。 具体的にどういうことかは、見てもらいたいですけど。 そして、ラストシーンは意外でした。 この裏切りぐあいが、最後にほっと息つけていいです。 ほかの三池監督の映画見たことないですけど、暴力映画というイメージが強くて、あんな風に終わるとは・・・本当はすごく優しい人なのかなって、監督のイメージ変わりました。

  • miw********

    2.0

    役者魂は買うが…

    僕には到底理解できない映画。 ただ気持ち悪いだけ… 何も感じるところがない。 レビューのしようがないなあ。

  • どーもキューブ

    4.0

    三池監督、ビジターQの家族

    2000年映倫R18指定、シネロケット提供。日本映画プロフェッショナル大賞九位。脚本「必死剣鳥刺し」江良至。監督三池崇史。 一回挫折済み。三池監督鑑賞シリーズ。強烈なジャケット、青いビニールシート、裸の女性に乳房を吸うエンケン。(ていうか凄いインパクトだ!このジャケ) 三池作品成人指定。エログロ覚悟な感じ。ビデオ鑑賞。 イヤーさすが三池崇史のR18作品でした。 正直物語も役者も冷静に見て成立してない家族、ストーリーも、予算も、だだ長いビデオ映像も見るに値無い感じで星1つ決定と普通の良識を挟めば、そういいたい作品だと思います。 ですが、私は、面白かったっす! レビュー読むとパゾリーニの「テオレマ」想起とか? 三池崇史版「ソドムの市」はたまた、「 逆噴射家族」ハンディカメラにて近所で愚行!てな感じな作品です。(どんな作品だよ!) 三池崇史ファンは、必見! 三池崇史の共通テーマ 「女体神秘、信仰」 「母体回帰」 が、やっぱり影を落とします。 今回の見所は、「モロ」にうつします!怖い物見たさの方は是非! それに大興奮、大貢献した内田春菊先生です。必見! 私は「ミナミ君の恋人」や「水物語」を文庫拝読。春菊先生の爆発する存在感が、本作の一番のビジターQ!で本作家族の過激妻を演じます。春菊先生、声がしとやかで色っぽいでございます。 そこに絡む三池組、遠藤憲一!狂った夫を演じます。 エンケンさん、昔はタケチャンの「その男凶暴につき」で白竜に殺されるチンピラチョイ役だったのに?今や朝ドラからTNPの男、ナレーターと売れっ子男優さんになられましたね! 本作でもイッタ演技を魅せてくれます、後半の変わりようは、爆笑してしまいました。 ていうか完全三池監督と笑いながら撮影してると思うなぁ! ある家族にある訪問者Qが現れ、変化しはじめます! 正直本当に星1つ、いや見るのに憤りすら感じるエログロ安安(やっすやっす)映像です。 ですが、三池作品の追い求めた、暴力エロスを本作にみんな安く乱暴に閉じ込めた作品なんかなぁと思いました。 それには、春菊先生、エンケンの存在が大きいのかなと! さてビジターQが巻き起こす、テオレマ逆噴射家族、三池版家庭の暴力エロスの低俗世界を是非どうぞ! 追伸春菊先生が、えー、いやらしいです!春菊先生監督作品も見てみたいと思います。

  • tis********

    4.0

    レビュー書くのがこれほど難しい作品とは

    監督で映画を選んで観る事がほとんど無かった私。 あまり深い知識もなく、ただ映画を観ている。 監督の映画での役割がいかに重要かと最近思うようになった。 脚本が良くても、キャストが良くても、 またはその逆でも、作品の全体、つまり楽しめるかどうかは監督にかかっているのだろう。 どういった場面で監督の影響があるのかなど、具体的にわからないが、この作品をお勧め頂き、 ほんの少しその部分がわかったようなきがする。 この作品、正直いただけない。 とてもつらい。 グロイ、エグイ。 S性を持つことは人間として当然だろうし、それに反するM性も当然持ち合わせる。 どちらのウエイトが大きいかというより、どの場面に自我の部分が強く出るのかによって変わる。 この映画の全編にただよった、なんともいえない空気感にあっとうされた。 シュールに家族の風景を描いたショットは、大きく世間とずれているが、この画の中に入ると、それがほんの少しのズレにしか感じない。 作品の中に起こっているインモラルな世界が、まるで当然のように展開してしまう。 きっと、こうなる、きっと、こういう心理だ、などという追従は許さず、一方的に進む。 殺し屋1でも感じた方向性に迷いの無い作品だ。 まだ漠然としているが、これがヤッターマンを撮る監督の技なのか?と思わず首をかしげた。 ストーリーも登場人物も一切の感情移入を許さないポジション。 謎の男がいつのまにか軸になり、あたかも当たり前のように展開していく。 不思議と時間が経つのが早くあっという間に終わってしまった作品。 終始、胸の奥にあるもやもやがのこったまま・・・。 やられた、と感じる。 逆噴射家族では同様に家族の崩壊、壊滅を描いていたが、残念な事に邪念を感じた。 貫きがない。 作品のなかで揺れが感じられる。だから普通なのだろう。 この作品では媚も揺れもない、一方的な惨劇、シリアス、その中にある、引きつらねば笑う事が出来ない場面の数々。 個人的に受け入れる事が出来ない場面がどれだけ無数に展開されても、怖がる事と反する、その先を見たいという衝動に駆られる。 S性をM性が擁護し、よりS性を高めてしまう、少し怖い人間の部分に食い込んでくる。 三池監督の作品をそれほど多く観ていないのに、どの作品も強く印象が残る事から考えても、それが監督の影響から来ていて、そして監督の意図する画面の力を浴びせてくるからだろう。 エゴとしてつくり上げた作品は、映画でなく建築でも絵画でも彫刻でもそうだが、いやらしさを感じてしまい、そのいやらしさが作り手の逃げ場となっていて、唯一無二の作品になるどころか、心にも残らない駄作になる。 ご紹介頂き観ては観たものの、絶対酷評してやる、という私の欲をあっさり引きちぎり、インモラルの世界で笑う遠藤憲一にやられた。 監督は遠藤憲一を知り尽くし、遠藤憲一もまた、自分を知り尽くしている演技だ。 こっけいだが、怖い。 怖いが、こっけいで仕方ない。 ストーリー展開のドタバタ感をラストに感じてしまったので☆一つ削減。 作品全体のテーマ、人物すべての設定、どれもこれもあってはならない世界。 なのに家族という同一に括るとその輪の中ではまるで当然の道徳となってしまっているかのように感じる。 観るのが怖い作品だが、監督というポジション、それを知るにはありがたい作品でした。 花火が家の中に打ち込まれているのを実況中継する遠藤憲一の目。 演技の幅を超えた狂気の輝きに吸い込まれてしまいそうだ(笑) ますますファンになりました。 キュートなお尻にドキドキです。 おバカ?と定義してしまってもおかしくない映画。 三池監督はそのギリギリで観客が思わず目を覆う場面を挿入する。 全編に淀んだもやもやはこれだ。 すっきりさせてくれそうでどこか抜けきれない。 グロいシーンの挿入、インモラルな風景、ありとあらゆる場面に見る、監督の一本筋の通った演出。 まるで、こちらを観ているようだ。 お勧め、ありがとうございました。 私にはまだまだ三池監督が解らないのかもしれません。 今後も作品を通していろいろご教授願います。 ・・・・遠藤憲一さんにスタンディングオベーションです(笑)

  • yi_********

    4.0

    緊急特別企画 ビジターQ

    緊急特別企画!!"実家近くのTSUTAYAに行って観たかったDVDを借りちゃおう!!"第1弾!!! ハイ、これはたまたま実家に戻ったときに寄ったTSUTAYAで色々と興味深いDVDがあったので、「この際パーッと借りて来週また頑張って返却しに来よう!!」てな感じでレンタルしたDVDを一気に観ちゃう企画です。 ラインナップは以下の通りです。 ・レイン ・ビジターQ ・バウンド  では早速記念すべき1本目「ビジターQ」のレビューをしたいと思います。(1本目からかなりマニアックでレビューしずらい作品ですが)この作品はある家庭崩壊したも同然の家族の家にある訪問者が訪れたことで徐々に再生へと繋がる様子を三池監督流ホームドラマです。前々から"エロい!!グロい!!"と評判だった今作を気になっていて、「まぁ、この際借りちゃいますか!!」てな感じでレンタルして、真っ昼間から昼ご飯を食べながら父親と観たんですが…いやー、やっぱ三池崇史監督はこうでないと!!もう終始三池節炸裂のタブー表現オンパレードの異色ホームドラマでした。  初っ端から「え、これAVだったっけ!?」と思ってしまうような展開からはじまり、んでその初っ端のラブシーンが長いのなんのって!!そしてこれが"近親相姦"っていうかるーくタブーを描いたんだからスゴい!!お話に関しては一応"家族の再生"を描いているんですが、もう普通じゃなさすぎる展開で後半になるに連れてどんどん見入ってしまいましたね。また援交、イジメ、レイプ、薬物、挙げ句の果てに死姦と、とにかくタブー尽くしを描いた作品でもありました。その前に"一家の大黒柱が家庭崩壊の様子を実況する"という状況自体がタブーですよ!!映像・演出に関してはやはり三池監督は今作や「殺し屋1」といったエロ・グロ作品が似合ってる監督さんですね。今作、一応「ヤッターマン」や「クローズ zero」を撮った人の映画ですよ??またAVスレスレの演出で、バイオレンスでエロチックな作品を撮ってほしいですね!俳優陣に関してはとにかく遠藤憲一さんがスゴい!!最初はAV男優っぽく、そして徐々に"狂ったAV男優"と化していきましたね。もうスゴいとしか言いようがありません。遠藤さんのおかげで、笑っちゃいけないようなシーンで大声を出して笑ってしまいましたもん。また娘役を演じた女優さんも意外とキレイでしたね。  全体的にかなり異色のホームドラマで、間違いなく万人受けから無縁の作品でした。エロ・グロ描写が平気で、近年のヌルいホームドラマに嫌気がさしてる人、そして是非「ヤッターマン」や「クローズZERO」を観ただけで「三池監督作品ってどれも内容がなくて、ヌルい作品ばっかなんだよなー」と思ってしまった人に是非観てもらいたい作品です。

  • hai********

    5.0

    三池インモラル

    本作のレビュはさすがに書くのをためらう。 R18指定の三池映画。  90年代中盤に躍り出た異端児三池が、「DEAD OR ALIVE」の後に撮った作品。 怖いものなしだった三池が、家族をテーマにタブーを描く。  ルチオ・フルチのスプラッターや、パゾリーニの「ソドムの市」 あるいはミヒャエル・ハネケの「ファニーゲーム」のように 意図明確に鑑賞者を挑発してくるへビーでインモラルな作品。  嫌悪するか、絶賛するか。それは鑑賞者の自由。 三池作品の中でもタブー描写が過激で、封印されている感がある作品なので 万が一ご観賞の節は、ご注意を。  三池監督が本作で描くのは悲惨な仮面家族。構成員は父と母と息子と娘。 その家族の前に突然現れる訪問者。  このシチュエーションはパゾリーニの「テレオマ」だろう。 「明日、着く」という電報とともに 家族の中に当然あらわれる正体不明の男「テレオマ」  その男に家族全員が魅了されはじめた時 彼にまた電報が届き、彼はどこかへ去っていく。 その直後、家族はそれれぞれに奇怪な行動を起こし崩壊する。  「ビジターQ」もそうだ。 腐敗しきった家族のもとに突然やってくる正体不明の男。 この男は何をするでもない。 この家族をただ見ている。 この男に見られることで、解体し尽くした家族は、さらに解体を始める。 家族という絆が解体した先にある「解体」  それは家族という構成員ひとりひりの「自己崩壊」に他ならない。 しかし三池監督はここで言う。 「解体したまま均衡を保つより、いっそ自己崩壊してエネルギーに変われ」と。 母役の内田春菊さんは怪演、父役の遠藤憲一さんは狂演。 しかし、エンケンさんの汚れを怖れぬ役者魂は、いつ観ても凄いな。 覚せい剤を妻に打たれて急ピッチなハイになる後半は もう手の施しようがない…(爆) 眉をしかめるようなインモラルを、インモラルのままに終結させるジャンク映画は多い。 しかし、インモラルを、寸分違わぬインモラルのまま 一気にカタルシスまで持っていくだけのポテンシャルのある映画は稀有だろう。

  • yos********

    3.0

    衝撃的

    近年の三池監督のメジャー指向作品からは想像しがたい、エログロが爆発したミニシアター映画。俳優の演技力の凄さ、というか羞恥心を忘れた演技に感動します。この一家は、世間と考え方がかなりずれています。それを受け入れさせるためにあの謎の人が現れ、全てを受け入れた結果、家族の幸福を手に入れた、という感じですかね。衝撃的という意味では満点の作品でした。

  • amo********

    3.0

    ネタバレ狂気の家庭崩壊と再生

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • m87********

    5.0

    R18カモン!何度目かな成人指定

    三池崇史の傑作!と同時に危ない成人指定映画。 三池タンは何度目かな~。 えーと1~度、ニ~度…あー残酷描写やタブー描写だけでね(笑) 性描写以外の理由で成人指定になった邦画を作ったのも三池タンが始めてなのだ!ワーイ!三池タン凄いー。 そんな変態三池タンがあらゆる変態行為をまざまざと映しながらもコミアルに描いたためエログロ度が凝縮され気味の傑作。 しかし、なんでもあり。 娘と…父と息子と母?………あれ?息してないぞ。えっー!まさかのあれですか?……… あー三池タンの頭は変態(笑) スゲー邦画ですよ、こりゃ

  • 石井隼人

    4.0

    三池節炸裂!

    遠藤憲一が死体と・・。 内田春菊がおっぱいから・・。 なにも知らずに借りたらトンでもないことになるので、要注意。 三池は天才です。

1 ページ/1 ページ中