ここから本文です

日本の黒い夏 冤罪 (2000)

監督
熊井啓
  • みたいムービー 42
  • みたログ 350

3.55 / 評価:105件

人権啓発映画か?

  • sei***** さん
  • 2016年5月24日 15時27分
  • 閲覧数 1158
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

期待してみただけにガッカリしましたね
高校生が報道のあり方に疑問を感じて取材を始めた
そして放送局に取材に行った
ここまでは良いとしましょう

その後ですよ
放送局内の糞忙しい あわただしい様子が何度も映し出されるってのに
どうして高校生ごときの取材にデスクはじめ局員三名がつきあってんのか?
あんたら今日は休み???と聞きたくなりましたね

で デスクが時系列に事件のことを説明していくわけだけど
取材に来ている高校生はそんなことわかってるはずだが>>?
と突っ込みたくなるような いかにもな説明部分なんですよね これが
しかも長い
そりゃまあ事件のことを知らない人も見るわけだから
こういうのも必要なんでしょうが 
なら高校生に聞かせる演出はいらんでしょう~~

他にもずっとこのデスク 高校生につきあってあちこち行くわけだけど
そのたびに仕事はねえのかよ??と言いたくなって仕方なかったね

どうせなら高校生放送部員がビシバシ 放送局デスク局員を切りまくる
なんで?どうして?おかしくないですか??とやりこめてよ
ただじっと聴いてるだけじゃ取材にならないでしょうに

ついでに中井喜一が余裕かましすぎ
正義の味方かよ
マスゴミのくせになにえらそうにしてんだよ?といいたくなりました

松本サリン事件を総括的に知るためには良いかもしれませんが
そういう意味で人権啓発映画であって
芸術としての映画ではありません
映画としては駄作といわれても仕方ないでしょう

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ