ここから本文です

日本の黒い夏 冤罪 (2000)

監督
熊井啓
  • みたいムービー 43
  • みたログ 371

3.55 / 評価:119件

解説

 日本を代表する社会派映画監督・熊井啓が“松本サリン事件”を題材に日本のマスコミ報道のあり方に鋭く迫った問題作。1994年6月27日夜、長野県松本市で何者かによって毒ガスがまかれ、多数の死傷者を出す大惨事が発生した。やがて、事件の第一通報者で被害者でもある一市民が殺人容疑で家宅捜査をうけ、マスコミによって瞬く間に犯人に仕立て上げられてしまう…。1年後、地元の高校の放送部では事件の冤罪報道を検証するドキュメンタリー・ビデオを製作することになった。

allcinema ONLINE (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ