JSA

JSA: JOINT SECURITY AREA

110
JSA
3.9

/ 663

29%
41%
23%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(128件)


  • nid********

    1.0

    なんか地味

    もうちょい派手なシーンが欲しい

  • kay********

    3.0

    う〜ん

    イ・ビョンホンならJSAとの情報を見たのでDVD鑑賞。映像がとても古くて主役のイ・ビョンホンも今の映像の方が良い(当たり前か) ストーリーに関しては考えさせられる一面もあるが自分にはさほど共感できなかった。 国レベルで交流してはいけない者同士が交流して見つかったからトラブルになるなるのは当然だし、いつ誰が来るか分からない状況で呑気過ぎるでしょ。 決してハッピーになる作品では無い

  • kaz********

    4.0

    祖国統一の日が一刻も早く訪れますように

    2019年に歴史的な米朝会談が行われ、分断された国家の統一に前進するかと見られたが、また逆戻りしてしまった。 この映画は、同じ民族が北と南に分かれ武器を持って対峙するというなんともやりきれない悲しみを訴えて心に刺さる。 朝鮮半島を南北に分ける38度線・板門店で北の兵士2人が南の兵士に射殺される事件が起こる。事件解明のため中立国監督委員会にスイスからソフィーが派遣され聴取にあたる。犯人は南の兵士スヒョクだが、現場に居合わせた北の兵士ギョンピルと陳述書が食い違っていた。ソフィーはその謎を解明しようとするが、上司は「秘密は隠してこそ平和は保たれる」と真相解明に消極的だ。 事件の8カ月前、偵察に出たスヒョクは境界線を越えた所で地雷を踏み動けなくなる。それを救ったのが北のギョンピルとウジンだった。スヒョクは歩哨の夜、38度線を越え北の監視所を訪れギョンピルとウジンと親しくなる。スヒョクは恋人の弟であるソンシクを誘い4人の交流が続くが、10月28日のウジンの誕生日に悲劇は起きる。4人の交流場面に北の監視兵が突如現れたのだ。そして・・・・・・。 政治体制の違いで民族が分断され、行き来も許されないどころか武器を持って憎しみ合う、こんな世界が現実にあるということがとても悲しい。 ギョンピルいわく『統一の扉を開けた』仲間として、スヒョクを受け入れた北の兵士たちも仲良く暮らしたいと願うのは一緒だと思う。この映画が大ヒットしたのは祖国統一を願う韓国の人々の琴線に触れたからではないか。 それにしても、同じ民族同士が仲良くしたいと願っているのにそれを許さない政治体制はどうにかならないか。

  • ame********

    3.0

    分かりにくい構成にする必要あったのか?

    この女要る? 北と南の共同警戒区域(JointSecurityArea)の南軍兵士が 北軍兵士に命を助けられたことから始まる秘密の交流 一体どのような経緯でそれが破綻したのか ・・・・ 一瞬でああ取り繕えるって 北の兵士有能すぎるだろ 最後の展開も 描きたいことは分かるけど 感動作になり損ねてる感じで 実に勿体なし ラストショットの写真は蛇足なような 南の兵士2人があの兄弟? 考えたらそうだろうけど・・・・・

  • bpp********

    4.0

    ネタバレサスペンス調人情ドラマ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hok********

    4.0

    ネタバレ交わってはならない民族

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 辰っちゃん

    3.0

    眠くなるが考えさせられる

    テンポが悪くて眠くなる映画ですが、感じることも多い映画でした。  資本主義や共産主義なんてどうでもいい事情のために起こった悲劇。友情は国際情勢の垣根を越えてゆきます。世界中の人が少しだけ他者を思いやることができたなら戦争なんて起こっていないのかもしれないと思いました。イ・ビョンホン、ソンガンホなどの実力派が出演している映画なので是非ご覧下さい♪

  • しおびしきゅう

    4.0

    分断の半世紀、屈辱と苦痛の歳月を越え!

    『映画天国』で鑑賞! 2021年1月5日(火)放送分を録画で! 1950年の朝鮮戦争以来、朝鮮半島は南北に分断され、その境である38度線上にあるのが、JSA! そこでは、南北の兵士達が警戒に当たり、一触即発の緊張感が、漂っている! 筈が?! ある夜、JSAで、銃撃戦が発生した! 犠牲者は、北朝鮮の兵士2人! 1人(ソン・ガンホ)は重傷を負ったが、生き残った! そこから逃げた、韓国の兵士(イ・ビョンホン)! 一体何があったのか? 北側の証言と南側の証言は、全く異なる! 調査は、中立国スイスから来た韓国人を父に持つスイス軍将校ソフィー(イ・ヨンエ)に委ねられた! ソフィーは、綿密な現場検証により、5人目の登場人物をあぶり出し、ついには事件の裏に隠された、意外な真実に辿り着く! しかしそれは、更なる悲劇しか生み出さなかった! イ・ビョンホンが、最初の方だけハリウッド映画でも見せたカッコいい姿を見せるが、真実に近付くにつれて、気弱な韓国軍兵士になっていく! 最初の再現シーンには、嘘がある! サスペンス仕立てで、事件の真相を明らかにしていく過程は、南北統一を願いながらも、北と南に分かれて戦わなくてはならない戦士達の悲哀を絡ませて、個人レベルでは、まるで変わらない、同じ朝鮮民族であること、面白く、やがて悲しく、深い余韻を残して、映画は終わる……! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

  • Cakewalk

    3.0

    地上波で放送にて

    ソン・ガンホとイ・ビョンホンが出てたからキャスト目当てでみたけど、なかなか内容も面白かった! 実際にはこんな展開ありえないだろうけど…もしもシリーズ的な感覚で内容に惹きつけられた。

  • shp********

    3.0

    ネタバレ本気で見たら面白そうやけど

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    5.0

    北緯38度線の氷が溶けたアイスホッケー

    先般の平昌五輪におきましてアイスホッケー協議において韓国、北朝鮮両国の統一チームが見事に試合を行うと言う奇跡が安倍内閣の時に執り行われました。 思いおこせば第二次世界大戦後、東西冷戦で大きく傷ついた両国は、 非常にスポーツというものに救われてきたのではないでしょうか? 戦争には人の死がありますから、スポーツと言う協議において一旦決着をつけると言うのは大変素晴らしい事だと思います。 来年の東京オリンピックは、スポーツマンシップを大いに発揮して、 陰ながら働かれている方々へ感謝をお伝え頂けたらと思います。 言語と言うのは一つの国家です、優しい言葉で溢れる世界にしていきましょう!

  • 吉田

    4.0

    南北韓国統一

    南北韓国関係が良くなって欲しくなった。兵士ら1人1人も自分らと同じ人間。日本との違いは兵士らは命がけで任務にいたっている。きっと多くの兵士は南北統一を願っているのでは、、、、と思う。自分も日本の平和を願ってやまない。そして南北韓国統一の日を心から願うと共に韓国の人々の自由と尊厳が約束される日が来る事を信じている。

  • kos********

    4.0

    悲しい話だった

    少し前ニュースで38度線をトランプ大統領が通ってたの見た 国同士で争ってても、人と人では楽しそうにやってるのを見ると簡単に「あの国が嫌い!」みたいなことは言えないなと思った

  • Kてぃ

    5.0

    考えさせられます

    とにかく韓国映画はすごい お隣の国のことを知ることは大事

  • xjn********

    4.0

    JSAの意味

    200913日本、日本人の幸運を感謝します

  • arl********

    3.0

    同じ民族が殺し合う悲劇

    社会問題として強い提起がありました。

  • fiv********

    4.0

    とても切なくやりきりない

    友達に紹介されてこの作品を観た。 とても切なくやりきれない気持ちになる。 JSAとは、決して日本自動車連盟の事ではない。 北朝鮮と韓国の共同警備区域の事である。 いわゆる北緯38度線上にある共同警備区域と言った方が分かりやすい。 そんな緊迫の中で芽生えた両国兵士の友情が育む交流とその結末が描かれている。 主演は、今や世界的な韓国スターのイ・ビョンホンを人気実力とも不動のものにしたのがこの作品。 日本人には、近くて遠い国を理解するには是非観ておきたい作品である。

  • qua********

    4.0

    南北の兵士4人の友情が招いた悲劇

    韓国と北朝鮮の問題を描いた作品は数多くあるけれど、本作「JSA」は架空の人物を設定した、フィクション映画だという事を忘れてはならない。 しかしながら、朝鮮戦争の休戦協定後、軍事境界線=共同警備区域によって、南北分断されたのは周知の事実である。 実際問題、境界線を越えてしまったら、直ぐにでも殺し合いが始まる可能性だってある訳でしょ。 なので、こんな友情を描いた映画など有り得ないという見方もアリだと思いますね。 まあでも、終始、緊張感に満ちた演出は流石の一言です。 パク・チャヌクにしては、上質な作品ですよねえ。 勿論、ソン・ガンホの圧倒的な演技力には脱帽です。 この頃のイ・ビョンホンは存在感はあっても演技に関してはまだ青いね。

  • per********

    4.0

    若かりしスター達の共演

    北朝鮮と韓国が未だに名目上は戦時下にあるという事実。38度線の抱える問題が痛いほど伝わってくる作品ですね。国境を越えた友情がミステリータッチで描かれ、最後まで気の抜けない展開が続きます。 ソンガンホ、イビョンホン、イヨンエ、今や押しも押されぬ大スターとなった3人の共演が見ものです。イヨンエは『宮廷女官チャングムの誓い』で初めて知りましたが、本作の頃はまだ初々しいですね。北朝鮮兵士は愛憎半ばする難しい役どころですが、ソンガンホが見事に演じていました。さすがの存在感です。 ラストで映される一枚の写真には感動しました。

  • bat********

    4.0

    ネタバレ北と南38度線を舞台に描かれる友情が切ない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/7 ページ中