ここから本文です

面会時間 (1982)

VISITING HOURS/THE FRIGHT

監督
ジャン=クロード・ロード
  • みたいムービー 4
  • みたログ 10

3.44 / 評価:9件

こいつは、何者?

  • tengu3711 さん
  • 2009年2月13日 1時57分
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

コレは強烈だったなぁ、深夜テレビで観て面白くて、即ビデオ屋に借りにいったもんね。

マイケル・アイアンサイドを初めて観た映画。

この後にスキャナーズを知った。

でも、「スキャナーズ」よりコッチだな。

ひと言も喋らず、ただ、黙々と殺す為につけ狙う革ジャン男は

ガチで、オッカナかった。

相手はリーグラントだよ、あの大女優に屁とも思わず包丁振り下ろす。

「こいつ、何者?」正直思った。

こうゆう見ず知らずの者に急に執念深く襲われるのって、

「コレクター」とか、「激突」とかあるけど、まさにスリルとサスペンス。

対象というものが、ハッキリしていず、また動機らしい動機も被害者が自覚してないのに
しつこく付きまとい、命までとろうとする。
「なぜ?どうして?」と思いながら、恐怖に晒されるんだから、その心理状態は不安と恐怖でいっぱいだろう。また、この男がとにかくしつこい。

非暴力主義を唱えていた主人公が、遂にキレて、暴力に出るあたりは凄い。

女性と言えども、切れたら暴力で防衛するしかないという皮肉な結末。
殺されたアイアンサイドの眼は、明らかに笑っている。
音楽無し、最初から最後まで徹頭徹尾の追いかけっこ。

なんだか、ゾクゾクした一作でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ