ここから本文です

陰陽師 ~おんみょうじ~ (2001)

監督
滝田洋二郎
  • みたいムービー 58
  • みたログ 2,164

3.25 / 評価:528件

解説

 この世とあの世が曖昧に交差し、魔物たちが人と渾然と存在した平安時代。そんな暗黒の世を鎮め、ふたつの世界の調和を保つ能力をもつ“陰陽師”と呼ばれる男たちがいた。ある日、内裏では陰陽頭、道尊(真田)がある儀式を行い<都の守り人>の出現を予言する。そして、その守り人は帝の子を宿した藤原師輔の娘、任子のお腹の子を指しているかに思われた。やがて都のあちこちで魔物たちが蠢き始めたことを感じる晴明。そしてある夜、生まれたばかりの帝の子、敦平親王の身に異変が起き……。

allcinema ONLINE (外部リンク)

映画レポート

「陰陽師」─他の日本映画とは一線を画す、ノーブルなおかしみ

陰陽師とは、例えば、「陰陽道叢書全四巻」(名著出版)とは言いませんが、荒俣宏著「陰陽師ロード」(平凡社)を読めばわかるように、本来は、闇の力を自在に操るダークな存在です。しかし今では、岡野玲子の漫画のお陰で、神秘的でさっぱり系美男子の晴明像が世に広まりました。

もちろんその線で、今回の野村萬斎の晴明役があるのですが、これがまあ、意外でもなく、ぴったりなのです。稲垣吾郎的な自意識がまるでない。萬斎という人は、フラットで晴れやかなバカの役を実にエレガントに演じる狂言師なのですが(彼の「千切木」の太郎役など最高です)、闇とか呪いとかアレコレ言うわりに、それは明るい晴明さまでして、その天性の朗らかさに、まず惹きつけられてしまいます。

もっとも、映画自体は唯の学芸会です。安っぽいCG、スカスカの平安京、ユルユルのアクション……。まあ、これぞ滝田監督と、強弁してもいいのですが、この学芸会に大人料金は払いたくないかもしれません。ただ、萬斎はじめ、真田広之、伊藤英明と、男子が実にいい。彼らの嫌味のない素直な演技には、本人自体が笑っているようなノーブルなおかしみがあって、ウザくて貧乏くさい今時の日本映画とは一線を画しているのです。(日下部行洋)

10月6日より、日劇東宝ほか東宝洋画系にてロードショー

[eiga.com/10月2日]

映画.com(外部リンク)

2001年10月2日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ