ここから本文です

連弾 (2001)

監督
竹中直人
  • みたいムービー 20
  • みたログ 134

3.04 / 評価:23件

ひとりでは奏でられないメロディーがある

  • taxidermia777 さん
  • 2008年7月6日 11時04分
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

どこにでもある平凡な家庭ではないでしょう。
不況の嵐が吹き荒れ、リストラだの就職難だの言われるご時勢に、8軒の借家収入で悠々自適。
おまけに、奥さんはバリバリのキャリア・ウーマン。
住んでる家も超豪華。
家にグランドピアノが入るなんて・・。
妻が不倫で家庭崩壊と現実的なテーマをモチーフにしながらも、描き方は何故か浮世離れしすぎ。

天海ママ美人だけど、竹中44歳という設定ならば彼女は一体いくつなの。
上の娘は14歳くらいだよね。
男の子も天海ママの子にしちゃチョット不細工。

竹中パパや、登場人物がことあるごとに、竹中作詞・作曲の歌を口ずさむ。
最初は、面白かったけどだんだん飽きてきた。

家庭再生って言うけど、天海ママは不倫やめないし子供の面倒見てなさそうやし、竹中パパが専業主夫して子供の面倒見てるのに、結局ママがいなきゃダメなのかい。
そんなママならわたしはいらない。

わたしには、残念ながら竹中監督の世界観は、何も見えてこなかった。
結局、家族は両親揃って表面だけ幸せを装ってたらそれでいいのかな。

ま、ハートウォーミングな気分にはなれなかったけど、あのミッチーが今回は、普通のピアノ教師の役でご出演。
彼が演じるんだから普通と言っても、普通じゃないところがミソなので、彼の「漂流街」とは違ったキャラを見られただけで満足としましょう。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ