レビュー一覧に戻る
デュース・ビガロウ、激安ジゴロ!?

tis********

4.0

激安ジゴロに癒された私。

笑の種類はいろいろある。 好きな笑は個人差がある。 ロブ・シュナイダーの笑、嫌いじゃない。 むしろ好き。 アニマルマンでこの「出落ち」「無理やりな笑」に毒されました。 日本でいえば、全盛期をやや過ぎた志村でしょうか。 「志村~~うしろ~~~」と叫んでいたあの頃のタイムリーな笑でなく、こう来るだろうなきっと・・・と予測できる笑。 真夜中に映画を鑑賞するとときより寝てしまう。 単純な笑が欲しかったのでレンタル屋をうろうろしていると眼に止まったのがこれ。 おそらくくだらないだろう。 ひょっとしたらキレるほどつまらないかも・・・。 いっそ師匠の教えをなぞったおバカ映画のほうが・・・・。 しかし借りてしまった。 そして見てしまった。 ツボでした。 ストーリーは単純。 うだつのあがらないルックスは滑稽な男が、ひょんな事からジゴロ?になって悩みを持つ女性を癒す話。 ドタバタ有のヒューマン有の典型的なコメディー。 単純ゆえにキャラクターが重要。 このロブ・シュナイダーは天才。 間抜けな表情で真顔になっただけで笑ってしまう。 ここで注意が必要です。 このレビューを読んでレンタルしてつまらなくても文句を言ってはいけません。 なぜなら私が見ている時間や状況が伴って起こったハイな笑いです。 合宿や泊まりがけで騒いでいる酔っ払いが寝る間際、布団に入り「ぷっ」とおならのマネをしただけで笑うあのテンション。 水槽を壊すシーンがなかなかの迫力で面白い。 というより、彼がぶら下がっただけで面白い。 繰り返しギャグ、シュールなギャグ・・・・・。 女性にはきっと彼の存在感自信が許せない人もいるかもしれない。 私は尊敬してしまった。 くすくす笑いの繰り返しだが、妙に爽快な気分になった。 イケメンホストが「スタッフ~~~!!」といっても笑えるが、彼は走っただけでもも笑える。 ホストじゃなくて、ジゴロ。このちょっと古風な響きも目に付いた要因。 ちょっと疲れ気味の人。 思い切ってこの世界に入ってみては?? ・・・・保証はしないけどね。

閲覧数239