ここから本文です

もういちど殺して (1989)

KILL ME AGAIN

監督
ジョン・ダール
  • みたいムービー 2
  • みたログ 48

3.11 / 評価:9件

マイケル・マドセンの衝撃!!

  • tengu3711 さん
  • 2009年11月25日 7時14分
  • 閲覧数 353
  • 役立ち度 21
    • 総合評価
    • ★★★★★

いや~、スタローンの新作。

ブルース・ウィルス参戦決定らしいですな。

まさか「ワイルドバンチ」やらかすワケじゃないよね・・・

でも、このキャストで「ワイルドバンチ」系なら、もう「ボロ泣き」だな・・・

来年8月かぁ・・・なんとか、生き伸びなきゃあ~な・・・


レザボア・ドッグスの何年か前。

マイケル・マドセンと言う極悪人と出会ったのは、この作品だった。

「レザボア」より、数倍、強烈だった。

監督のジョン・ダールも、この作品で好きになった。

男の為の極上の「ハードボイルド」だ。


私立探偵ジャック役のヴァル・キルマーが、

口先はイッチョマエだけど、滅茶苦茶弱いというのが、この作品の「ミソ」。

この「ヘタレ探偵」を追いかける「コワモテ」こそ、マイケル・マドセン。

完璧、「番長顔」である。

神社の裏で10人相手にしても、笑顔で戻って来るタイプだ。


正直、「突破口」のジョー・ドン・ベイカー以来の強烈さだった。

「凶暴」と言う言葉が、ここまで当て嵌まる男も珍しい。

速攻、名前憶えて、調べたら・・・なんとヴァージニア・マドセンの兄貴。

あの可愛らしいヴァージニアの兄貴がコイツ・・・・・

うっかり、可愛いからって声かけたら・・・この兄貴って・・・地獄だな・・・


手錠のまま、ナイフ片手に繋がれてる机を動かした時は、心臓止まったわ・・・

悪役が、怖ければ怖いほど、ラストのカタルシスは、大きい。

この映画も、負け犬探偵が、やられてやられて、最後の最後に大逆転する。

でも、それは、ちょっぴり苦い「勝利」でもあった・・・


ハードボイルド好きなら、観て損は無い傑作。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ