レビュー一覧に戻る
最悪

最悪

104

gam********

4.0

話が違うじゃないか!

人間生きてればこれくらいの八方ふさがりはある。 偶然に偶然を重ねてみるとこんなに面白くなるよ、という原作ありきの 成功ドラマ。 もともとはTVドラマだとか。 沢田研二、ジュリーが折り皴もしっかりとしたダボダボの作業着で登 場。フツーな女房にフツーな娘。 町の板金屋さんをやっているが最新の機械「タレパン」を入れないと とてもじゃないがこの先、喰っていけない。 夢の設備投資は、元受会社の口利きで銀行が金を貸すということで なんとかなると思われた。 しかし銀行が訪問して来る日に近隣住民の反対運動が激化 機械「タレパン」の搬入がいきなりやってくるし、大騒動。 それでも担当者は「融資します」と言うので、ほっとするが・・・。 いざとなると銀行の派閥争いから融資はご破算。 「話が違うじゃないか」と銀行に怒鳴り込んだら あとから銀行強盗が入ってきてまた大騒動。 彼はなりゆきで銀行強盗の一味になってしまう。 展開は実に健全。 イヤミのない話なので沢田のモタモタ感も許せる。 これがあの『魔界転生』で「キリシタン教徒首魁。天草四郎時貞。」と 鬱々とした声で闇の怨霊を演じた同じ男か。 カッコ悪い男が演じたかった、と言った沢田の狙いは、大当たり。 ところで3億円事件の犯人役を演じたTV『悪魔のようなあいつ』 アレもう一回観たいんですけどー!

閲覧数1,170