からくりの君

Puppet Princess

45
からくりの君
4.6

/ 9

67%
22%
11%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)


  • she********

    5.0

    戦国ロマン!原作を生かした傑作!

    まさか映画レビューにこの作品があるとは…。この映画のDVDが欲しくて画集を購入しました。いつかDVDのケース付きで発売されるのを待っています。 元々原作者藤田和日郎先生のファンですがこの方の作品、何故かアニメ化に恵まれない中での今作品。 あらかじめ原作を読んでいましたが、この映画はとても凄いです。下手をすると原作を超えてしまっています。 まずストーリー、作画、演出、声優陣、音楽と文句の付けようがないです。大体評価の良い映像化というのは原作通りに作った時に言われがちですが、この作品は違いました。 基本のストーリーや台詞をそのままに、映画用に見せ場や演出が付け足されているのです。 オリジナル要素を入れると作品の雰囲気が壊れたりしますが、これは原作をきちんと理解しているとしか考えられない追加でした。 原作は短編だったので尺が限られ、主役の蘭菊姫に重点が絞られて描かれています。 対して映画版はそれをそのまま残しつつ、もう一人の主役弥三郎の活躍を大幅に増やしました。これが最初からあったんじゃないかと思うぐらい自然に組み込まれており、格好良さに鳥肌が立ちました。 あと細かいところで蘭菊姫の目の演出もその後の展開に繋がる良い追加でした。 動きの一つ一つがひたすらカッコ良く、演出が冴えています。もう本当にありがとうございましたと監督に言いたいくらいの作品でした。 なかなか入手するのが難しい作品ですが、探すと映像は案外見つかります。 映画といっても40分しかありません。 是非見てみる事をオススメします。

  • d_h********

    5.0

    ネタバレ血沸き肉踊る“血作(傑作)”

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bou********

    5.0

    濃密な40分間

    伝奇時代劇として、非常にクオリティの高い作品でした。 獣兵衛忍風帖や風来忍法帖に作風は近いでしょうか。 天然ボケな姫様に、眉毛が立派な下忍、個性的なからくり人形たちに、薄暗く血みどろな舞台設定。それらが噛み合って、作品世界にどっぷりと浸ってしまいました。 クライマックスは幾重にも策が巡らされており、爽快感と燃えが心地よいです。 山田風太郎作品のような、時代考証を完璧にした伝奇時代劇ではないので、あまり考証面は気にしてはいけません。 さて、私自身、原作は知らず、原作者の他作品すらも全く読んだことはありませんでした。ただ、熱狂的なファンがいることは知っています。 この作者に熱狂する理由、それが分かった気がしました。

1 ページ/1 ページ中