ここから本文です

ロード・オブ・ザ・リング (2001)

THE LORD OF THE RINGS: THE FELLOWSHIP OF THE RING

監督
ピーター・ジャクソン
  • みたいムービー 261
  • みたログ 1.1万

3.92 / 評価:2032件

雰囲気系映画

  • yos***** さん
  • 2018年5月21日 21時41分
  • 役立ち度 5
    • 総合評価
    • ★★★★★

いわゆる「剣と魔法の世界」が忠実に再現されており、その世界が綺麗なCGで壮大に映し出される。ゲームで言えば「ウィッチャー」、「ダークソウル」、「スカイリム」のような世界で、エルフやドワーフなどが住む世界。その「世界観」は評価できる。

ただ、それだけ。


いわゆる雰囲気系の映画で、中身はスッカスカの雑な脚本。とにかくシーンとシーンとの間の脈絡や関連性が皆無で、なぜいきなりそういう話になる!?という内容の連続で、基本的に意味不明。

また、色々な背景や設定が、あまりにも説明不足。そもそもなぜあの主人公が旅に出ないといけないのか?(ガンダルフが嫌だと言っただけで、自分の命をかける旅に出るか?)、他のホビットの仲間も、こんな危険な旅に同行する動機付けが一切ない。その他の仲間も人物や背景が全く描かれないから、途中で死んでも何とも思わん(登場人物を泣かせるだけじゃ感情移入できないよ)。他にも、何で指輪はその場所に捨てないと破壊できないのか?とか、何やら強いらしい悪魔みたいなヤツが、結局何なのかよくわからないままあっさり死んだり、とにかく背景と設定の説明と描写が無さすぎて視聴者置いてけぼり。

敵も雑魚ばかりで攻撃もお粗末だから、迫真性や切迫感が全く伝わって来ず、戦いのシーンも全然ハラハラドキドキしない。また、主人公たちは度々危機に陥るが、その理由が軽率な行動や判断力の欠如などから来るものばかりで、本気で命賭けて旅してる感じは全くしない。

ただただ雑。説明のし過ぎや登場人物に語らせすぎるのは良くないが、自然に背景や設定がわかるように作るのが良い映画でしょ。下手くそすぎ。

ハリーポッターもそうだが、世界観とか雰囲気だけで満足できる人にしかおススメできない。子供に見せる分には問題ないかもしれないけど、名前と話題だけ先行してる映画の典型だね。大作ぶった駄作。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ