ここから本文です

ドリフト (2000)

順流逆流/TIME AND TIDE/SEUNLAU NGAKLAU

監督
ツイ・ハーク
  • みたいムービー 3
  • みたログ 55

2.79 / 評価:14件

面白いですよ

  • lamlam_pachanga さん
  • 2009年7月3日 17時43分
  • 閲覧数 402
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画のアクション(特に九龍城での)シーンは、流石の一言。あれを(爆発を除いて)特撮なしの、生身アクションで魅せる辺りは、香港映画の凄さを感じちゃいますね。

ニコラス・ツェー、ウー・バイの二人は、それぞれに魅力的。容姿を含め、お互いに個性が違うので、噛み合わせが良かった様に感じます。

でもなぁ、意図的じゃないと思うんですが、前半ニコラス、後半ウー・バイで、話が二分しちゃってるんですよね。冒頭とラストのナレーションも、ツイ・ハークがやる意味ないし。そこら辺をカチッと仕上げてくれると、更に評価は上がるんですが。ツイ・ハークらしいと言えば、らしいんですが。それでも、彼の映画の中では、話を纏めてる方だとは思います。十分面白いですよ。

個人的に驚いたのは、歌手が本業のウー・バイが、見事にアクションをこなしていたこと(ニコラスより上です)、御大アンソニー・ウォンが、(チョイ役とかじゃなく)完璧に、単なる端役扱いされてたこと。

最後に余談ですが、九龍城の白ハトは、かつての盟友ジョン・ウーへのオマージュなのか、それとも、ウー・バイの名曲『白鴿』とかけたのか…謎です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ