ここから本文です

DISTANCE/ディスタンス (2001)

DISTANCE

監督
是枝裕和
  • みたいムービー 118
  • みたログ 514

2.90 / 評価:145件

このテーマで作品つくる監督はもういない?

  • さいたまノフ さん
  • 2020年1月20日 0時37分
  • 閲覧数 810
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

是枝作品を時系列に鑑賞している。もう20年前の作品。
なかなかテレビで放送もしないし、観てる人は少ない。
かろうじてAmazonPrimeの配信が来て、やっと観た。

今作もドキュメンタリーの演出を貫いていた。
興味はその演出とメッセージ性、エンターテイメント性の融合のような
部分がこの段階でどうだろう、という視点で鑑賞した。

想像している内容ではなかったこともあり、結構引き込まれた。
ただ、ARATA演じる敦がりょう演じる夕子の弟ではなく、恋人で
どうやら教祖の息子だったという最後の展開を何となく蛇足に感じた。
もはや「何も主張しない」という勇気はなかったか。

前作から引き続き、ARATA、寺島進、伊勢谷友介。そして夏川結衣が加わった。ARATA、浅野忠信は是枝組の割にまだまだに感じた。

今、カルト教団をベースとした作品は誰も作らないと思うが、
もうかなり風化しているなあと思った。当時、観たらまた少し違う感想
になっただろうか。

遺灰の巻かれた湖が象徴的に何度も登場する。各シーンでいろいろな表情を見せていたと思う。当時、監督得意の撮影技法は、暗く、薄っすらグレーな映像だが
最後は霧が立ち込め、桟橋は燃え上がる。

津田寛治、遠藤憲一、中村梅雀、村杉蝉之介、木村多江などこの後活躍する役者を観れる面白さもあったかな。

採点:3.5

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ