ここから本文です

レジョネア 戦場の狼たち (1998)

LEGIONNAIRE

監督
ピーター・マクドナルド
  • みたいムービー 2
  • みたログ 65

2.79 / 評価:14件

往年の外人部隊映画を彷彿させる

「ランボー3  怒りのアフガン」でも砂漠のアクションをフルショットで見せたピーター・マクドナ

ルド監督の見事な演出手腕にも注目。往年の戦争映画を彷彿させるオーソドックスなストーリー展開、CGを使わず生身のアクション。物語の舞台は1920年代の北アフリカ。植民地で起きた原住民の叛乱に手を焼いている仏蘭西。
外人部隊の歴史は古く、過去の経歴・国籍は一切問わないで入隊できる。彼らに叩き込まれるのは、国家への忠誠より、ミッションを達成するためのチームワークだ。高給ではないが、その背景から、入隊する人間は絶えないとか。そういう背景を思うと、この映画もなかなか面白い。それぞれの夢や過去の経緯を抱えて外人部隊に入ってきた男たちが、互いの利害を超えて信頼と友情を築き上げていく物語。
サハラ砂漠の壮絶な死闘は必見。砦を守っていた部隊の殆どが殺され、ただ一人生き残る。近代兵器を手にした戦闘能力が高い現地人に、外人部隊の方が負けてしまう。1966.ボージェストの雰囲気に相似。

仏蘭西外人部隊を素材にした作品群 興味深い作品が多い。
1930.モロッコ
1955.地獄へ突込め
1966.ボージェスト
1962.前進か死か
1965.アルジェの戦い 大傑作
1966.名誉と栄光のためでなく
1968.戦争プロフェッショナル
1977.外人部隊フォスター少佐の栄光
1979.レッド・ベレー史上最強の傭兵部隊「コルヴェジに降りた外人部隊 La Legion saute sur Kolwezi」

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ