ここから本文です

バロウズの妻 (2000)

BEAT

監督
ゲイリー・ウォルコウ
  • みたいムービー 21
  • みたログ 84

3.10 / 評価:20件

コートニー・ラブ

  • kjk***** さん
  • 2010年1月15日 19時21分
  • 閲覧数 756
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

"だってカートみたいだから、あたしがコートニーじゃない"

という椎名林檎の歌で、初めて彼女の名前を見たのだと思う。

それからそのあと、ケヴィン・ベーコンと共演していたサスペンスで、初めて演技を見たのだと思う。

彼女はなんか悲哀を称える佇まいをしていて好きだ。
この作品は映画としてはたまらなく微妙なんだけど、人間ドラマとして見ると、あながち嘘じゃない。
恋している相手との、関係の不満に煮え立つ気持ちとか、手を出したいのに出せない空気の間とか、恋をした、愛を知っている誰もが経験したことのあるだろうシーンがちりばめられているのだ。

強く人には勧めないけれど、人の想いの深さにじんとくる。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ