レビュー一覧に戻る
バイオハザード

バイオハザード

RESIDENT EVIL/RESIDENT EVIL: GROUND ZERO/BIOHAZARD

PG12101

しおびしきゅう

5.0

ネタバレ青はウィルス、緑はワクチン!

『午後のロードショー』で鑑賞! といっても、4年前に録画したものです! やっぱり面白い! 当初、ミラ・ジョヴォヴィッチのアリスが、記憶喪失で、何もわからないが、のちのち、他の登場人物や、コンピューターが、いろいろ教えてくれるし、アリス自身も、ある程度の記憶を取り戻す! ハイブと呼ばれる巨大地下施設で、アンブレラ社が開発したT-ウィルスが、何者かによって飛散され、そこで働いていた、500人の社員が、ゾンビ化する! ハイブをコントロールしているコンピューターのレッド・クイーンは、施設を封鎖し、ウィルスが地上に漏れるのを防ぐが、アンブレラ社は、レッド・クイーンが暴走したと判断し、シャットダウンする為、特殊部隊を派遣する! 施設の入口である屋敷を警備していた特殊工作員であるアリスとスペンス、警官と名乗るマットは、特殊部隊と一緒に、ハイブへ侵入する! T-ウィルスを飛散させたのは誰か? マットの正体は? それらの疑問は、ちゃんとわかります! ゾンビや、ゾンビ化した犬、これらが襲って来る、恐怖! さらに、T-ウィルスによって作られた怪物も! 結局、アリスとマットだけが地上に出られるのですが、マットは怪物に傷を負わされ、『ネメシス計画』に使われるようです! ネメシス計画とは、何だかわかりません! アリスは、ラクーンシティ病院で目覚め、誰もいない病院を出るが、外にも乗り捨てられた車があるだけで、人の姿は見当たらない! 『死体が歩く!』という見出しの新聞が画面に映るので、結局ウィルスは地上に出て蔓延したようだ! というところで、終わる! オイラが怖くて好きなシーンは、レッド・クイーンへの通路にある、レーザートラップ! こんなのヤダ! 映画って素晴らしい! そいつぁよかった!

閲覧数1,811