レビュー一覧に戻る
バイオハザード

バイオハザード

RESIDENT EVIL/RESIDENT EVIL: GROUND ZERO/BIOHAZARD

PG12101

izq********

3.0

ネタバレゾンビ映画としては上々

いわゆるゾンビ映画の部類。ちょこちょこビビらせる演出を楽しむ感じ。序盤の研究員が逃げ惑うときに体挟まれたままエレベーターが動いてしまうシーンや、特殊部隊隊長がレーザー攻撃で網目状にカットされてしまうシーンなどなど。 ストーリーはまぁまぁかな。それなりに謎があり、緊迫感持たせる演出もあり。ゾンビ映画の中ではストーリーやアクションは優れてるのではないかな。 ゲームやったこと無いが、映画観た後にやると映画の中の世界観を味わえて面白いかも。 アンブレラ社の地下のバイオ兵器研究所で何者かにウイルスがばら撒かれる。地下研究所の異変に特殊部隊が送られ、防衛システムの神経ガスをくらって記憶喪失状態の地上の入り口建物の番人偽装夫婦のアリスとスペンス、施設捜査をしていた自称警官のマットらも連れて、封鎖状態の地下研究所に向かう。 研究所のA.I.がなんだか防御システム働かせて特殊部隊員たちがやられたり、研究所の人々は全員ゾンビ化してしまって次々襲ってくるわで、サバイバルゲーム状態。 そんなパニック状態の中、マットは実はアンブレラ社の研究の実態を暴こうとするジャーナリストで、妹リサを研究員として忍び込ませていた。しかし、リサは既にゾンビ化。アリスはリサとウイルスを持ち出す話しをしていた記憶を思い出す。ウイルスばら撒いた犯人は実はアリスかもと思わせるフリ。 防衛システムにより研究所が封鎖されるまで残り時間が迫る中、アリスは抗ウイルス薬があることを思い出すが見つからず。アリスと同様に記憶を無くしていたスペンスが自分がウイルスと抗ウイルス薬を盗んでウイルスをばら撒いた記憶を取り戻す。スペンスはアリスらを研究所に閉じ込め、地上とつながる貨車に乗り込もうとするが、研究所を脱出した謎生物に殺されてしまう。 アリス、マットら生き残りの四人は、システム破壊して研究所を脱出。貨車に乗り込むが、スペンスを殺した謎生物が襲ってきて、またゾンビに噛まれた特殊部隊隊員がゾンビ化したりしてバトルとなる。特殊部隊隊員二人は死亡、謎生物は倒して、アリスとマットは地上に脱出を果たす。二人は、地上の入り口の屋敷で待ち構えていた防護服軍団に連れ去られていく。 アリスが施設で目覚めて、外に出てみると、街はウイルス感染拡大して荒れ果てた世界になっていて終幕。 マットがゾンビに傷つけられてたから、救出されたマットから感染拡大でもしたのだろうか?

閲覧数849