ムーラン・ルージュ

MOULIN ROUGE!

128
ムーラン・ルージュ
4.0

/ 1,502

42%
31%
18%
6%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(327件)


  • SCHEL.

    4.0

    エンタメとしてのミュージカル映画

    舞台はムーランルージュであり、夜の世界。 その夜の世界におけるロミジュリ。日本で言うと吉原での痴情のもつれ。 キャストも最高ですが画作りのゴージャス感に美しさ! 今見ても満足度の高いリッチな画でそれだけでも美味しくyoutubeでシーン動画を観るだけで満足感が高い。 重厚感や歌唱力重視の硬派ミュージカル(例えばオペラ座やレミゼ等)ではないが、マドンナのマテリアルガールやエルトンジョンのユアソングといった名曲を場面に適してアレンジをしておりハズレなし。 ユアンマクレガーの歌声の良い事。 ニコールキッドマンの美しさも言わずもがな。(声が細いのが気になるくらい) 細かな点の”隙”は確かに。 ただ間違いなく総合的な”質”は良いので、ゴージャスな画や世界観を観たい方はオススメ。コミカルながらセクシー描写もあるので大人向け。 最後は花火が散った後のような…。 もう一つのエンディングが欲しい。 デュークは可哀相に見えるのはあの面白い歌声と俳優の表情がチャーミングだからだろうかw言う事を聞かせないと気が済まない守銭奴DVモラハラ、殺し屋も雇っているのに妙にチョロい時があって憎めない。

  • hcc********

    4.0

    ニコール・キッドマンの魅力溢れる

    この映画の最大の見どころは主演のニコール・キッドマンの艶やかさだ。とにかくスタイル抜群で何を着てもよく映えるし、表情の演技もいい。彼女がアップになるシーンが多いがカメラマンも自然に引き込まれてしまっているのかもしれない。また唄も吹き替え無しでよく頑張っている。 一方で結核で死にかかっているのに健康そのものな顔色や肌つやで、少しせき込む程度でステージも普通にこなしているのは奇妙であり、病気で死ぬという設定はかなり無理がある。 非常にカラフルで陰影に富んだ映像もいいが、あまりに速い画面の切り替えは観ていて疲れてしまう。

  • hiy********

    4.0

    極上エンタメ

    最初からミュージカルの舞台のつもりで鑑賞。ストーリー展開よりも、ゴージャスな衣装や派手な感情発露の方に惹きつけられました。住まいや街中のたたずまいは完全に「セット」です。その中の細かい仕掛けがとても楽しめました。 例えば、後半に出てくるピストルです。誰かが凶弾に倒れるだろうと、ドキドキしながら成り行きを見ていましたが、結果は意外な方向へ。殺人を食い止めようと奮闘する団員達の動きは見ごたえがあり、転がっていくピストルの音も効果的。本物の舞台ならどんな演出なのだろう、と想像が広がります。 エンドロールの紙質感にも、手を抜かない演出を感じさせます。 ストーリーは古典的、常套的と言えるかもしれませんが、目を楽しませてくれる点では極上エンタメと言えるでしょう。

  • arl********

    4.0

    パリの話だが音楽は

    ムーランルージュだからといって特にフランスものにこだわることなく英米のヒット曲が満載なところが楽しかったですね。英語の映画だし、そのへんはエンタメに徹していてよかった。 ロートレックが主役の映画「赤い風車」(1952:原題Moulin Rouge)をなんか踏まえているのかと思いましたが全然関係ありませんでした。もちろん時代は同じです。

  • gin********

    1.0

    ネタバレ感情移入できない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • izq********

    4.0

    ネタバレ美しい映像の切ない純愛ミュージカル

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 4.0

    観るべき作品

    ストーリーは兎も角ゴージャス華やか色鮮やかで独特な映像、ニコールキッドマンの美しさそれだけで見応えがある。 コロコロと変わる映像に少し目まぐるしく疲れたのと、所々B級感を感じる描写がありマイナスポイント。 ミュージカル映画が苦手な方でも、聞いたことのある音楽ばかりで楽しめる作品だと思います。

  • nob********

    2.0

    あの〜

    冒頭で結末言っちゃうし。駄目でしょう。だいだい脚本が無理。公爵は悪くないよ。横取りしたユアンマクレガーの方が悪いよ。 そして、あの終わり方は・・・意気消沈・・・トホホ もっとド派手なショーが見たかった。 ニコール嬢が綺麗だったので、★1のとこ★2

  • ts1********

    2.0

    開始5分で、、、

    後半まで耐えることが出来ていたとしたら評価は変わるかもしれませんが、のっけからやたらとハイテンションな茶番を見せつけられたところで悪い意味で鳥肌が立ってしまったので、断念しました。 サウンドオブミュージックは最初から最後まで楽しく観れたんですけどね。 期待して観たのでちょっと残念でした。

  • きゃる

    1.0

    いつか好きになる作品と信じて繰り返し見る

    ミュージカル映画が好きで、本作品も4,5回は見ているが 好きになれない。才能を結集し手間暇かけた重みは感じる。 お金がなくても自分のやりたいことをやって生きよう、完結。 短い命でも自分の役割を果たそう、完結。そこに「愛が全て」は いらないでしょう。超メジャーな楽曲もストーリを台無しに。

  • タイムスリップ1.21ジゴワット

    5.0

    ラ・ラ・ランドと比べて思ったこと

    やっぱりミュージカルは美男美女の組み合わせがいいですね

  • リョコウ

    3.0

    2回見るべき

    1回目の前半はあまりにもお粗末に感じため適当に見ていたのですが、結末が良かったためにもう一度見ると…あらなんだかこの映画好き♪ そしてニコール・キッドマンが可愛らしすぎる!!

  • yok********

    2.0

    美術は良かったけど。

    話がお粗末でした。結核だと分かった後、店主は自分も他の従業員への感染を恐れるはず。なのに普通に接している。その上、死が近づいているのに元気なニコール・キッドマン。全然、リアル感がありませんでした。ユアン・マクレガーはとても歌が上手かったのに驚きました。

  • エル・オレンス

    3.0

    ニコール・キッドマンの麗しき存在が全て。

    本作の世界観やドラマ展開(ノンストップばりの演出や編集etc..)は、正直かなり苦手です。20世紀往年の名曲の謎カバーもよく理解できなかったです。バリバリ謎CGも終始違和感がぬぐえなかったです。 ただ、サティーンを熱演した当時34歳(には決して見えない美しさ!)のニコール・キッドマンの、絶世の美貌をも武器にした圧倒的存在感が強烈!彼女の存在が、この作品の成功の全てといっても過言ではないです。相手役のユアン・マクレガーは、地味男キャラを狙ってこそのキャスティングなんでしょうか。2人が生歌で披露してくれたのも高評価です。 本作ほど、ニコール・キッドマンの美しさ&可憐さを堪能できる映画はない! ==================================== ★2001年アカデミー賞 2部門受賞  (※作品賞ノミネート) 衣装デザイン賞、美術賞 ★2001年ゴールデングローブ賞【ミュージカル/コメディ】 3部門受賞 作品賞、主演女優賞(ニコール・キッドマン)、作曲賞

  • nir********

    1.0

    ネタバレ面白くない。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lem********

    4.0

    ミュージカル苦手でも楽しめた

    急に語り口調で歌い出すミュージカルが苦手な私でも、音楽も物語もうっとり楽しめた唯一の映画です。映像の美しさもあって、ロマンチストな方には楽しめる映画だと思います。

  • sol********

    5.0

    「人がこの世で知る最高の幸せ」とは...

    「人がこの世で知る最高の幸せ それは誰かを愛し、その人から愛されること」 ニコール・キッドマンが美しく、ユアン・マクレガーの歌声も素晴らしい。 「Your Song」「Material Girl」「The Show Must Go On」など、有名曲をコラージュしたような音楽も面白かった。 特に良かったのはロクサーヌのタンゴのシーン。大勢のダンサーと迫力あるヴォーカル。圧巻でした。

  • nio********

    2.0

    ネタバレどうぞご勝手にって感じ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • sia********

    5.0

    最高の一言!

    ミュージカルはあまり好きではなく、ララランドさえも微妙だった私ですが、これは大好きな映画になりました! 時代設定、キャスト、歌どれをとっても最高です!煌びやかな世界と美しさにうっとりして、歌に感動&涙して。余韻に浸れる素敵な映画です。おススメです。

  • kyo********

    4.0

    羽生結弦のための「ボレロ」

    20世紀初頭のパリよみがえらせた映像が素晴らしいです。 原色の色彩と光線の中で踊り子や快楽にふける客たちでむせ返る「ムーランルージュ」の店内。その外では、貧民窟のような民衆の居住区がモノトーンで対照的に描かれています。 店の中ではスターを夢見る看板娘がいて、安下宿にはボヘミアンの若者がいます。この二人が恋におちいり、邪魔をされながらも真実の愛に到達します。 音楽の素晴らしさや俳優たちの力強い歌唱力で、物語りに引き込まれます。ヨーロッパ文化の厚みを堪能させてくれます。 「この世でいちばん幸せなことは愛する人を得て、愛する人に愛されること」 と女は歌いながら、次のフレーズでは、 「私のベストフレンドはダイヤモンド。歳をとった女から男は逃げてゆく。キスでは家賃を払えない」 とちゃっかり男たちを誘います。 「フランス人は愛のために平気で命を投げ出す。決闘が大好き」「娼婦とポン引きの彼らは全身全霊で愛と芸術にのめりこむ」「娼婦と恋愛はするな」 欲望と愛情をコントロールして社会を安定させてきた人々のこれら警句をちりばめた歌詞、せりふの面白さも見所でしょう。 ======================== こうした複雑な愛の形は、ふつう14歳の少年にとって無縁である。 2008年(今から10年前)、フィギュアスケートの羽生結弦さんがこの映画のエンドロールで演奏される「ボレロ」を舞った。 舞い終えてコーチとともに点数が出るのを待つ。そこには周囲の愛情をたっぷり浴びて育った14歳の無邪気な表情があった。大人の難しい愛の世界などどこ吹く風だ。 肌違いとも思われる曲で振り付け師は羽生さんに何を求め、与えようとしたのだろう。 燃える愛も、それを成就した熱情の時間も、人間の生命のはかなさによって一瞬で失われる。抗生物質のない時代です。「ボレロ」の曲の冒頭、消え入りそうなピアノの旋律が流れます。 それは14歳の少年の、そのときにしか持ち得ない美しさ、いとおしさ、前途をゆくにはあまりにか細く弱々しく、不安だらけの姿でもあります。 しかし曲は次第に力強いリズムを打つようになる。繊細で息が絶えそうだったピアノは消えて、ドラムと弦楽器の歯切れよい音が響いてくる。同時に氷上では羽生さんが得意なスピンの演技へと移ってゆく。スピンは勢いを増し、滑りはなめらかに大胆になる。 リズム音は、しだいに重層的な音階となって混沌の渦に入ってゆく。未知の次元や時間の重なりが14歳の全身をとらえ、最後のポーズを決める。 か細い少年が成長して晴れやかなフィナーレ向かう願いがこめられているように思えた。 羽生さんは非常に芸域の広い人だが、中性的な衣装をまとって悲痛な曲調を舞うのが一つのジャンルになっている。これはその最初のプログラムといえよう。 少年のはかなさと映画の主人公の命のはかなさが重なる。世界戦争と革命の前夜、愛と芸術にのめりこむ人々がいた。せつないことだが、そこに希望が見えるのかもしれない。

1 ページ/17 ページ中