ここから本文です

チアーズ! (2000)

BRING IT ON

監督
ペイトン・リード
  • みたいムービー 122
  • みたログ 1,538

4.08 / 評価:208件

解説

 チアリーディングがスポーツ競技として社会的にも一定の高い地位を確立しているアメリカ。そんなアメリカのハイスクールを舞台に、チアリーディングに全ての情熱を賭けて打ち込む女子高生の姿を描いた、スポ根青春コメディ。傍目には元気でかわいいだけの彼女たちのパフォーマンスも、生傷の絶えない過酷で危険な練習あってのもの。そして、ここでも互いに対照的な2つのチーム“トロス”と“クローヴァーズ”が全国大会の優勝目指してライバル心剥き出しで激しい練習に励んでいた。

allcinema ONLINE (外部リンク)

映画レポート

「チアーズ!」─ナイス脚本! 健闘ヒロイン! ちょっと踊りたくなりました

チアリーディングを素材に持ってきた段階で、何に勝ったかと聞かれると困りますが、この映画は勝ったも同然だったんだろう。青春学園ものにもなるし、スポ根ドラマにもなる。ということは、そこに友情もロマンスも絡ませ放題、ライバルとの火花散るバトルも見せられるし、笑わせどころに困ることもない、意外や激しく華麗で見ごたえあるチアリーディングはそのまま見せ場にもできるしと、もういいことづくめなのである。

しかしそれだけの豊富な素材だからこそ、手際よくセンスよく見せなければならないわけで、その点この映画が文句なしの出来栄えなのは、交通整理の行き届いたナイスな脚本と、ヒロインの力に尽きるであろう。

キルステン・ダンストは、「わたしが美しくなった100の秘密」という美人コンテストの舞台裏を描いたコメディでも主演。どこか本作と似てなくもないわけだが、コンテストものにおける「可愛くてナイスバディなんだけど、どこか垢抜けない田舎者っぽさが観客の反感を買わない健気なヒロイン」の座を、他に誰と競りあったんだと聞かれると困りますが、独占した感ありである。

観終わると素直に痛快&爽快気分で、おじさんもちょっと踊りたくなりました。(松久淳)

8月4日より、シネマライズほかにてロードショー

[eiga.com/8月7日]

映画.com(外部リンク)

2001年8月7日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ