ここから本文です

案山子 KAKASHI (2001)

監督
鶴田法男
  • みたいムービー 5
  • みたログ 64

1.67 / 評価:16件

柴咲コウ以外に見物が無い。

  • Pirorikin さん
  • 2010年4月29日 1時25分
  • 閲覧数 1721
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

カカシにこじつけた、低俗な作品。
カカシ文化の着眼点は良いけど、それを作者は完全になめた作品に仕立ててしまった。
世界各地にあるこの文化をなめてるんですよ。

で、映画のほうはというと。

とりあえず出演者は田中要次と柴咲コウ以外は下手の集まり。
わざとらしい棒読みに耐えられんw

演出は音でびっくりさせよう的な。。。

ていうか、兄とかおるの絆や、泉と兄の恋愛に関して説明不足過ぎる。
泉がどう死んだのか等、肝心のトコロが全て抜けてるので観客に寄っては意味が分からなくなる人もいるのかなー。

ラストの兄と泉が二人して燃えるところなんか、火が回るの早くねぇ!?
復活した泉は何でお母さん殺すのかよ?

とか、つっこんでたらキリがない。

あまりの酷さにイライラして、ため息ついて…

柴咲コウのお化けっぷりが上手いくらい(出演時間短いのにそれなりの存在感)
で、他は特に。。

時間が1時間半と短いのが救いかなー
これで長かったらブチギレ間違いないです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ