ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

案山子 KAKASHI (2001)

監督
鶴田法男
  • みたいムービー 4
  • みたログ 62

1.67 / 評価:14件

Q.これはゾンビですか?

  • ひな さん
  • 2012年11月5日 13時19分
  • 閲覧数 1294
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

A.いいえ案山子です

かなり前に見たのですが、原作は伊藤潤ニの短編漫画集複数からインスパイアされた作品と最近知り再度レンタルしました。

当時見た時も意味不明でしたが、今見てもやっぱり意味不明でした。

ブラコン気味の主人公かおるは行方不明になった兄剛の自宅で、高校時代の同級生だった剛の恋人泉が剛に宛てたラブレターを見つける。
かおるは泉の実家である村へ向かうが…というストーリー。

全体的に説明不足で、なんで泉が死んだのか?儀式より前に現れた案山子は?サリーと爺さんはなんだったのか?案山子達はあの後どうなったのか?等、最後まで疑問に残りました。

かおるも赤い服を来た黒髪の女をお兄ちゃんと言ったり、行方不明になった兄の捜索届けを出してなかったりとどこか抜けてますし。

柴咲コウが意外な役で出演しており、出演時間は短いのですがかなり存在感はありました。
やっぱり髪が長い女性って良いですね。

それにしても最後のオチ。あれはないでしょ…。
リアルに「はぁ?」と言ってしまいました。
かおるの顔がだんだんアップになるのがシュール過ぎます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ