ここから本文です

燃えよドラゴン (1973)

ENTER THE DRAGON/龍争虎闘/THE DEADLY THREE/I 3 DELL'OPERAZIONE DRAGO

監督
ロバート・クローズ
  • みたいムービー 166
  • みたログ 2,611

4.14 / 評価:770件

best10入り

  • xtf***** さん
  • 2020年5月14日 13時29分
  • 閲覧数 1277
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

古い映画だし期待せずに観た。ブルースリーは知ってたし中学時カンフーに憧れブルースリーの靴を購入。でも今回観たのはイップマンを観たから。実際には生まれる前の話でブルースリーを観たことは無かった。Yourubeなどを辿って行き着いた。観る前はなんか古臭い音楽だと思った。観た後私の映画best10に入った。情景も素晴らしい、照明は暗いけど、日本のTV時代劇よりも良く、キャストは個性的で素晴らしく適役ハン、ボーロー、オハラの演技も良かった。敵もエキストラもゴージャスメンバーで観ていて2週間もハマっている自分がいた。チョイ役でサモハンキンポーが出ていたり、ジャッキーチェンだったり、香港含む本物の武闘家を全員エキストラに使用しているところが凄過ぎる。現在だったらこんな映画作れるんだろうかと思ってしまう。当然続編を期待してしまった。あのカンフー少年(Don’t think.Feel.)は今カンフーの映画監督。カンフーのどの映画もこれを上回らない。味方役も魅力的だった、特にウイリアムズは良かった。この映画の素晴らしいところは、ブルースリーのカントニーズの英語と物語を説明しないところ。他の作品はチンタラ説明の文言が多過ぎて観ていて疲れる。また、他の作品のようにアクションばかりだと疲れるけどそれが無い。今の映画と全然違う。景色も素晴らしい。8000枚の鏡張りのアイデアはジョン・ウィックでそれが盗まれていたけど、キアヌは個人的に素晴らしいと思うけど、素人の喧嘩のようなアクションは観ていられない。早送りして返却した。この映画のもう一つ素晴らしい点は、ブルースリー以外の誰もが怪我をしなかった。ブルースリーが唯一の怪我人、死人で本物が本物を指導するからこそブルースリーは凄い情熱を持って本物のヒーローだと思いました。あの華奢に見える身体、一見すると全然パワーなさそうに見えるけど、やはり本人は無党派だと言うけれど、詠春拳始め様々なルーツから出来上がった人。残念ながら映画の続編が無い限り観れない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • スペクタクル
  • ゴージャス
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ