レビュー一覧に戻る
燃えよNINJA

燃えよNINJA

ENTER THE NINJA

101

kus********

2.0

ネタバレ欧米人の描く忍者の世界

ストーリーは、現代の日本で主人公(西洋人)が忍者の修行をし(なぜか今も忍者が存在するという設定)、友人を救うためにフィリピンへ飛ぶ(そこが舞台)。最後は雇われたショーコスギ扮するライバル(敵)の忍者との戦い。 これが忍者ブームを巻き起こした映画だという…どのへんが良かったのか?そこを聞いてみたいな…殺陣もそれほどでもないし忍者のかっこいいとこもそれほど描かれてない気がするし… ショーコスギ扮する忍者がやる行いでいただけないのが主人公の友人を残虐に殺すところと村に火をつけるところ、これ必要?! ただしやはり忍者としてかっこいいのは断然ショーコスギだな。パート2は見たことないけど彼が主人公になったのはうなずける。 忍者はスパイ的なものであって格闘家とか武術家みたいなものとは違うと思う…この映画の忍者は日本人のイメージする忍者とは違う気がする…が、忍者のある一面を強調するとこういうものになるのかもしれない(笑)

閲覧数556