ここから本文です

仄暗い水の底から (2001)

監督
中田秀夫
  • みたいムービー 25
  • みたログ 1,691

3.13 / 評価:475件

改めて見ると名作

  • spt******** さん
  • 2020年9月12日 1時17分
  • 閲覧数 1202
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

2020年、8月。
最近見たナントカ物件の映画があまりにも陳腐過ぎて泣けたのでAmazonで10年ぶりにこちらを見ました。

シングルマザーを精神的に追い詰める薄暗い団地、希薄な人間たちなど細かい描写と雨の陰湿さが合わさって見事な不気味さ。仄暗さ。最後にちょっとだけシャイニング。

映像こそ当時の技術で少し粗さもあるけど、子役、黒木瞳も演技が素晴らしい。

ラストがとてもゾッとするし、悲しくて泣けました。

何回見ても文句のつけようのないJホラーの名作です。

なぜこれほどのものを作れた監督があんなものを…?!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ